常呂の遺跡:トコロチャシ南尾根遺跡

2014年7月31日

トコロチャシ南尾根遺跡

 トコロチャシ南尾根遺跡は史跡常呂遺跡を構成する常呂川右岸台地竪穴群のうち、南側の地区に相当します。平成14年9月に隣接するトコロチャシ跡遺跡とともに、史跡常呂遺跡として追加指定を受けました。
 遺跡は常呂川に面する標高15~25mの段丘のうち、南側に伸びる尾根上を中心に広がっています。地表面の測量調査と発掘調査により現在まで50基の竪穴住居跡の存在が確認されており、未発見のものも含めると60基程度の竪穴住居跡がこの地区にあったものと推測されます。これらの竪穴住居には縄文時代中期・後期、続縄文時代、擦文時代のものが含まれ、またトビニタイ式土器の時期に属する可能性のある竪穴住居もあります。縄文時代後期は遺跡が少ない時期であり、この時期の竪穴住居は道内でも珍しい事例となります。
 さらに、最近の発掘調査で石刃鏃石器群のまとまった資料が見つかったことでも注目される遺跡です。

 

遺跡データ
 遺跡名 トコロチャシ南尾根遺跡 [国指定史跡(常呂遺跡)]
(TK-19遺跡)
 所在地 北見市常呂町常呂
 立 地 常呂川に面した標高15~25mの段丘上
 時 代 縄文(早・中・後期)・続縄文・擦文・オホーツク(トビニタイ)
 遺構・遺物 竪穴住居跡、墓坑
土器・石器
 現 況 耕作地
 文 献  藤本 強 編 1976『トコロチャシ南尾根遺跡』
常呂町教育委員会 1986『トコロチャシ南尾根遺跡:1985年度』
東京大学大学院人文社会系研究科考古学研究室・常呂実習施設 2002『トコロチャシ跡遺跡群の調査:トコロチャシ跡遺跡・同オホーツク地点及び「常呂遺跡」の史跡整備に関する概要報告』

 

石刃鏃石器群

石刃鏃石器群

 石刃鏃石器群は縄文時代早期頃に東北アジア一帯に広く分布した石器群で、日本列島では基本的に北海道にのみ分布することが知られています。石を薄く、細長く剥がして作った石器を「石刃」といいますが、「石刃鏃(せきじんぞく)」とはこの石刃をさらに加工して作った鏃(やじり)のことです。

 トコロチャシ南遺跡で発見された石刃鏃石器群では、石を打ち割って石器を作ったときに出る石の屑が少なく、形の整った石刃や石刃鏃がまとまって出土しており、特にきれいな石器を選んで、まとめて保管した特殊な遺跡である可能性も考えられます。

 

お問い合わせ

北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538