校長室から

2014年10月7日

高栄中学校トップ>校長室から

 

 

   オンリーワン 

学校経営

1 はじめに

  高栄中で学ぶ生徒一人一人をかけがえのない存在として、教職員のたっぷりの教育愛を注ぎながら、確かな学力、豊かな心、健やかな体をしっかりと磨き育てあげ、社会でたくましく生き抜いていくことができる土台をつくる教育を展開することが、縁があって集まってきた我々「高栄中教職員の責務」である。そのためには、個々の教職員の指導力に過度に依存することなく、学校が一体となって組織としての教育力を高め、授業を中核として、教育活動の改善充実に励み、教育目標にある目指す生徒像に向かってしっかりと育てていくことが重要である。

目指す学校像

学校の経営方針 ・・・ 高栄中の「学校力」を高める!

(1) 生徒の生きる力を育む「教育活動」と「経営活動」の充実を図る学校

(2) 「教職員の資質能力」と「組織の協働性と機動性」の向上を図る学校

(3) 家庭や地域との連携を図った「信頼される開かれた学校」

 目指す生徒像

高栄中「教育目標」

【知】  自ら学び、考え、夢に向かって 高く栄えるわたしたち 

            向上心 創造力 表現力

【徳】  思いやる心を持ち、互いに支え合って 高く栄えるわたしたち 

            主体性 互いの良さを認める豊かな心 正しい判断力

【体】  健全でたくましい心身を育んで 高く栄えるわたしたち 

            体力・精神力 健康な心身 粘り強く続ける忍耐力

 目指す教職員像

校訓 「師弟同汗」

       ◇人と人とのふれ合いを大事にし、教育者としての自覚をもった教職員

       ◇人の命を預かる自覚と人間尊重の精神をもった教職員

       ◇人間性と指導力を磨き続ける教職員

2 学校の経営方針 【長期における経営の方向性】

高栄中の「学校力」を高める!

次の3つの視点を柱にし、学校力を高めていく。

(1) 生徒の生きる力を育む「教育活動」と「経営活動」の充実

  1 本校の教育目標達成に迫る“魅力ある教育活動”の展開。

  2 「計画(Plan)→実践(Do)→評価(Check)→改善(Action)」のマネジメントサイクルを踏まえた経営活動の充実。

(2) 「教職員の資質能力」と「組織の協働性・機動性」の向上

  1 確かな学力の向上を図る「授業改善」「家庭学習」などの取組の充実。

  2 教えるプロとしての指導力や人間性を「互いに磨き高め合う研修」の充実。

  3 “深い教育愛”と“きめ細かな生徒理解”に基づく「師弟同汗」の実践と、生徒一人一人の「不安や悩み」に寄り添う「積極的な生徒指導」の確立。

  4 課題や問題に迅速かつ適切に対応する教職員相互のチーム力の向上

(3) 家庭や地域との連携を図り「信頼される開かれた学校」づくり

  1 保護者へのきめ細かな対応と支援

  2 地域の方々の協力を得た「魅力ある教育活動」の展開。

  3 家庭・地域との情報交流学校の説明責任を重視した学校づくり。

  4 教育委員会・関係機関と連携を図った迅速かつ適切な問題解決

教育課程編成の方針

(1) 教育課程の編成の原則に基づき編成する。

  1 「法令」や「学習指導要領」に基づき編成する。

  2 人間として、知・徳・体の調和のとれた育成を目指し、地域・学校の実態、生徒の心身の発達の段階と特性を考慮する。

(2) 「確かな学力」を育む“特色ある教育活動”を展開する。

  1 基礎的・基本的な知識・技能を習得させる。  

  2 思考力・判断力・表現力などの力を育成する。

  3 学習意欲を高めるとともに、家庭学習の習慣化に向けた取組の充実を図る。

 (3) 道徳的価値に基づいた人間の生き方についての考えを深める教育活動の充実を図る。

  1 道徳の時間を要として、教育活動全体を通じて、道徳的価値を深め、道徳的実践力を育成する。

 (4)  「体育・健康」に関する学習を教育活動全体通じて展開する。

  1 「体力向上」「安全教育」「食育」「心身の健康保持増進」などの教育活動の充実を図る。

お問い合わせ

高栄中学校
電話:0157-22-1921
ファクシミリ:0157-22-4027