ひとり親家庭等医療費助成について知りたい

質問登録番号 252

最終更新日 2017年01月31日

北見市では、母子家庭・父子家庭等のひとり親家庭等の方が病院等で診療を受けたときの保険診療に係る医療費の一部を助成しています。
助成を受けるためには、受給者証の交付申請が必要です。

対象となる方

(1)ひとり親家庭等の18歳になる年度末(3月31日)までの児童を扶養または監護している母または父とその児童
(2)ひとり親家庭等の18歳以上20歳未満の児童を扶養している母または父とその児童

・北見市に住民登録をしている方
・健康保険に加入している方
・生活保護を受けていない方
・生計を主に維持している方の所得が限度額に満たない方
※(2)に該当する児童は、毎年申請手続きが必要です。在学証明書もしくは母または父が扶養している申立書を添えて受給者証交付申請書を提出してください。

手続きできる方

(1)対象者本人(母または父)
(2)保護者(母または父が未成年の場合はその保護者)
代理の方が手続する場合、代理権の確認ができるもの(委任状や健康保険証など)と代理人の本人確認書類が必要になります。

助成の範囲

(1)母または父  入院、訪問看護
(2)子  入院、通院(医科、歯科、調剤、柔道整復)、訪問看護

対象外
・標準負担額(入院時の食事代・居住費)
・保険適用外医療費(検診・予防接種・オムツ・容器代・診断書料等)
・保育園、幼稚園、学校でけがをして受診する場合
・第三者行為によりけがをして受診する場合
・訪問看護に係る基本利用料

自己負担の額

(1)小学校就学前児童と市民税非課税世帯の方
 初診時一部負担金(医科580円、歯科510円、柔道整復270円)
(2)市民税課税世帯の方
 医療費の1割相当額 
 1か月の限度額(入院44,400円、通院12,000円)を超えた場合、申請により払い戻しを受けることができます。

詳しくは下記をご参照ください。

詳細

回答登録課

保健福祉部 国保医療課
上記の回答の中にお問い合わせ先の電話番号が書かれているときは、直接その電話番号へお問い合わせください。