ひとり親家庭の人が結婚したとき、児童手当の手続きは必要ですか

質問登録番号 1080

最終更新日 2016年12月19日

お子さんがいる方で、結婚により生計中心者が変わるときは、児童手当を受給する方を変更する手続きにお越しください。

対象となる人

児童手当を受給している方で、結婚したことにより世帯状況が変わる方
※児童手当は生計中心者(所得の恒常的に高い人等)で受給します。

手続き

・児童手当受給事由消滅届(これまで受給していた方)
・児童手当新規認定請求(これから受給する方)

いつまでに

婚姻日と同月中に

手続きに必要なもの

(1)家族全員(父、母、高校生以下の児童)の健康保険証の写し
(2)通帳の写し(今後、受給する方の名義)
(3)所得課税証明書
 ※北見市で所得の内容が確認できる場合は、所得証明書の提出は不要です。

詳細

(1)所得課税証明書は申請時期によって必要となる年度が異なります。
(2)所得課税証明書中に配偶者の扶養控除がない場合には、配偶者の所得証明書も必要となります。

回答登録課

子ども未来部 子ども支援課
上記の回答の中にお問い合わせ先の電話番号が書かれているときは、直接その電話番号へお問い合わせください。