北見市消費者被害防止ネットワーク会議ニュースNo.84

知人から誘われる儲け話に要注意!

昨年の4月以降、北見市内の20代の若者から「知人から投資話をもちかけられた」という相談が後を絶ちません。
若者に被害が多い「後出しマルチ」について説明します。

1 知人からお金を稼げる投資方法(FX、バイナリーオプションなど様々)を教えると誘われる。
2 投資方法を解説した情報商材(USBやDVDなど形は様々)の高額契約をさせられる。「お金がない」と断っても、消費者金融から借金するよう勧められる。
3 解説のとおりやってみるが、なかなか儲からない。
4 「稼げないのでやめたい」と言うと、「他の人を勧誘すれば紹介料を支払う」などと、友人・知人を勧誘するよう迫る。

マルチ商法は、商品やサービスを契約して販売員となり、同じように販売員になれば利益が得られると勧誘して組織に入会させる商法です。「後出しマルチ」は、最初に商品やサービスの契約だけさせて、後から実はマルチだと知らせる手口です。

不安に思ったときは、すぐに北見市消費生活センターにご相談ください。


北見市消費生活センター(月~金、10時~16時)
電話番号:0157-23-4013
住所:北見市大通西2丁目1番地 まちきた大通ビル5階

お問い合わせ
市民生活課消費生活係
電話:0157-25-1149
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー