北見市消費者被害防止ネットワーク会議ニュースNo.94

特殊詐欺の被害が増加しています!

今年、道内の特殊詐欺被害額は、令和4年10月末で11億円を超えています。昨年の同時期と比較すると、約5倍の被害額になっています。

架空料金請求詐欺、還付金詐欺、オレオレ詐欺など、特殊詐欺の手口は様々です。犯人は、あらゆる方法で金銭をだまし取ろうとしてきます。

被害にあわないためには、詐欺のニュースや記事に関心を持ち、手口を知りましょう。また、留守番電話機能や防犯機能がある電話機を使用すると、詐欺防止に効果的です。
お金を送る、渡す、振り込む前に、お金のことは一人で決めず、家族や友人、警察に相談しましょう。
警察相談電話「#9110」は、プッシュ回線の電話、公衆電話、携帯電話でつながり、通話料がかかります。ダイヤル回線及び一部のIP電話(※)を使用している方で、「#9110」がご利用できない場合は、北見方面本部警察相談センター「0157-24-9110」をご利用ください。

※東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社のIP電話は利用可能です。

詐欺なのかわからない場合は、消費生活センターへご相談ください。


北見市消費生活センター(月~金、10時~16時)
電話番号:0157-23-4013
住所:北見市大通西2丁目1番地 まちきた大通ビル5階

お問い合わせ
市民生活課消費生活係
電話:0157-25-1149
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー