北見市グリーン購入調達方針

北見市グリーン購入調達方針(平成18年3月5日)

1.目的
 グリーン購入とは、製品やサービスを購入する際に必要性を十分に考慮し、価格・品質・デザイン等だけではなく、環境の視点を重視し、環境への負荷ができるだけ少ないものを優先的に購入することです。グリーン購入の取り組みは、市場を通じて製造・流通業者に環境への負荷の少ない商品の開発・供給を促すものであり、資源循環型社会の構築に向けて重要な鍵を握っています。
 北見市では、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(平成12年法律第100号)」(グリーン購入法)第10条第1項の規定に基づき「グリーン購入調達方針」を定め、本市の事務事業における環境への負荷の低減に資する物品および役務の調達(以下「グリーン購入」という。)の推進を図ります。

2.適用範囲
 この方針は、以下の組織および物品等(レンタル、リースを含む。)について適用する。   
 1.組織  当市の全ての部局等   
 2.物品等  消耗品および備品

3.基本方針
 物品等を調達する際は、次の要件を考慮して物品を選択する。また、物品等の発注等にあたっては、その必要性を十分吟味すると共に、適正な量の発注に努めるものとする。
 1. 環境や人の健康に被害を与えるような物質の使用および放出が削減されていること。
 2. 資源やエネルギーの消費が少ないこと
 3. 長期間の使用ができること。
 4. リユース(再使用)が可能であること
 5. リサイクル(再生使用)が可能であること
 6. 再生された素材や再使用された部品を多く使用していること
 7. 廃棄されるときに適正な処理・処分が容易なこと
 8. その他、環境への負荷の低減に資することができるものであること。

4.調達計画の策定
(1)グリーン購入を計画的に推進するため、毎年度「調達計画」を策定する。
(2)「調達計画」には、次の事項を定める。
 1. 特定調達品目(重点的に調達を推進すべき環境物品等の種類)
 2. 判断基準(特定調達品目に該当する環境物品等における選択のための基準)
 3. 調達目標(特定調達品目の年間調達目標)
 4. 配慮事項(判断基準とはしないが、配慮することが望ましい事項)

5.推進体制
(1) 環境物品等の調達推進については、北見市環境施策推進委員会において協議・検討を行う。
(2) 各課長等は、それぞれの所属においてグリーン購入の推進に努める。

6.進行管理および公表
(1) 各課長等は、所管する組織のグリーン購入に関する調達実績を環境課へ報告する。
(2) 調達実績については、北見市環境白書等により公表する。

7.委託事業等への適用
 委託事業等において、受託業者が物品等を調達する場合についても、本方針に沿ったグリーン購入を要請していく。

8.市民・事業者へのグリーン購入の普及促進
 市は、グリーン購入の普及促進を図るため、市民・事業者に対し環境情報の提供や意識啓発に努めるものとする。

9.施行期日
 本調達方針は,平成18年3月5日以降に調達手続きを行う契約から適用する。

お問い合わせ
市民環境部 環境課 環境計画係
電話:0154-25-1131
ファクシミリ:0157-25-1215
E-mail:kankyo@city.kitami.lg.jp

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー