緊急事態宣言延長に伴う市公共施設臨時休館延長のお知らせ

 北見市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせです。

 国の「緊急事態宣言」が6月20日(日)まで延長され、北海道においても、「緊急事態措置」を6月20日(日)まで延長し、人と人との接触の機会を徹底的に低減する措置を継続することといたしました。
 これらを踏まえ、北見市では、市公共施設(市庁舎、小中学校、保育所、児童センター等を除く)の臨時休館を6月20日(日)まで延長することといたします。
 市民の皆様には、引き続き、ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。

【医療提供体制の維持のために】
 現在、オホーツク総合振興局管内では、これまでにない多くの感染者が確認されております。
 今後、管内感染患者がこれ以上増加した場合、医療機関に過重な負担を招き、北見市においても、救命救急医療をはじめ、必要な医療提供体制に影響を及ぼしかねない、大変厳しい状況にあります。
 市民の皆様には、医療提供体制や医療従事者を守るため、また、何より、ご自分やご家族を守るため、お一人おひとりが、引き続き、感染を防ぐ基本的な行動(手洗い、マスク着用、人との距離をとるなど)の徹底や不要不急の外出・移動を控えるなど、感染拡大防止の取り組みに、なお一層ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。

お問い合わせ

◎北見市新型コロナウイルス感染症対策本部
 防災危機管理室 TEL:0157-25-1171

新着一覧

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・しごと

行政・まちづくり

防災