「北見市役所 窓口サービス指針」を策定しました

2014年5月12日

 

「北見市役所 窓口サービス指針」の策定について

 
 市役所の窓口は、市民生活と行政をつなぐ場所として、市民の目線に立ったサービスが求められています。北見市役所では、より良い窓口サービスを実現していくうえで、全職員が心に留めておきたい基本的な事項をひとつの文章にまとめ、「北見市役所 窓口サービス指針」として策定しました。
 北見市役所では今後、この指針を職員の行動基準とし、市民の皆様が安心して気持ちよく利用できる窓口サービスを目指し、また職員の立場からも、よりよい仕事を生み出せる窓口を目指して、窓口サービス向上の取り組みを進めてまいります。

 

 

基本方針。私たちは、職員一人ひとりが利用者である市民の目線に立ち、市民の皆様が安心して気持ちよく利用できる窓口を目指します。市民の皆様のご用件や目的に応じて、必要な手続きがもれることのない、わかりやすくやさしい窓口サービスを提供します。

北見市役所 窓口サービス指針(137KBytes)

【資料】「北見市役所 窓口サービス指針」の策定について(828KBytes)

目次構成

  


 この「窓口サービス指針」は、平成25年度の職員研修(政策形成研修)において、「市民の目線に立った、より良い窓口サービスとして“実現したい姿”」を考え、職員20名により指針の原案を作成。ワンストップサービス推進事業の職員作業部会でまとめ作業を行い、策定しました。
 この指針に掲げたことを具体的な成果としていくため、平成26年度の政策形成研修では、窓口関係各課を成果発表の単位とした実践的な研修をスタートさせています。

 

平成25年度 指針の策定

政策形成研修 「市民目線に立った窓口サービス」
(「北見市役所 窓口サービス指針」策定プロジェクト)
平成25年度 研修の様子(写真) 平成25年度 研修の様子(写真)

平成26年度 改善の実行

政策形成研修 「窓口改善 加速プロジェクト」
(窓口関係各課を成果発表単位として、身の回りからの業務改善に取り組む)
写真 写真

 

研修事業の位置づけ

 

・北見市総務部 人材育成主幹
・北見市ワンストップサービス推進会議事務局(総務部総務課)