省エネ・節電関連情報

2016年12月1日

節電・省エネにご協力ください                                                                       

 地球温暖化は異常気象や生態系の変化の原因となる等、私たちの生活にとって重大な環境問題です。COOL CHOICE(オレンジ)

 地球温暖化の原因となる温室効果ガス濃度の上昇はエネルギーを作り出す際に多く発生するため、私たちの生活と

密接な関係があり、排出をゼロにすることは難しいと言えます。しかし、私たち一人ひとりが節電や省エネを実践し、

エネルギー使用量を減らすことが出来れば、地球温暖化の抑制となります。

  

イラスト1(節電)省エネ・節電の取り組み例

・不要な照明をできるだけ消し、日中は自然光を利用しましょう

・夏季は28℃、冬季は20℃前後の室温になるよう、空調器具の設定温度を調整しましょう

・長時間使わない機器はプラグをコンセントから抜き待機電力を減らしましょう

・冷蔵庫の設定を高から中または弱にし、扉の開閉時間を減らしましょう

・テレビは明るさを調節し、見ていない時はこまめに主電源を切りましょう

・ごみの分別を徹底しましょう

・生活スタイルを見直し、省エネに取り組みましょう

 

 

環境家計簿について

1.環境家計簿とは

 一般の家計簿は家計の収支を記録するものですが、「環境家計簿」は家庭生活が与える環境への負荷を計算し記録イラスト(環境家計簿)

するものです。この取り組みを通して、消費者一人一人が自らの日常生活と環境とがどのように係わっているのかを知り、

自分の生活にともなって生じる環境への負荷を減らし、環境にやさしいライフスタイルを実行していくことが目的です。

 日々の生活において環境に負荷を与える行動や、反対に環境によい影響を与える行動を記録し、必要に応じて点数化

したり、収支決算の様に一定期間の集計を行ったり、様々な形式の環境家計簿が普及しています。

 環境家計簿の取組みは、'80年に盛岡通氏をはじめとする大阪大学の研究グループにより「新しい家計簿」という名称で

提唱されたのが初めとされます。この提案を実際に取り入れて実用化を図ったのは、滋賀県大津生協の有志グループ

であり、琵琶湖の汚染に焦点を置いて'81年に「暮らしの点検表」を作成したのが最初の環境家計簿とされています。

その後各地の自治体や生協などの団体がこの趣旨を取り入れ様々な環境家計簿を作成してきました。

 '96年には環境庁も地球温暖化を防ぐことを目的にした環境家計簿を作成し、同時に環境家計簿の普及を目的とする

「環境家計簿運動推進全国大会」が開催されました。また、環境家計簿を作成している団体の連携を目的に、各団体が

自主的に集まり、環境家計簿ネットワークが発足したこともあり、全国的な運動として広がりつつあります。

 北見市では'97年度に環境庁の環境家計簿を参考にオリジナル版を初めて作成し、これまで3度の改訂を行い、

2011年にはweb版を公開しました。

 消費者の皆さんが楽しみながら、また、家計費の節約を励みとしながら、自然に環境に配慮したライフスタイル、特に

地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を少なくするライフスタイルに変えていくことができるようになることを大きな

目的としています。

 環境家計簿は、家庭での電気、ガス、ガソリン等のエネルギーや水道の使用量やごみの量をチェックすることにより、

家庭生活に伴う二酸化炭素の排出量が計算でき、同時に家計のチェックにも役立つようになっています。 

 北見市では、現在策定されている環境基本計画において地球環境の保全を重要な課題と位置づけており、環境家計簿

を通して各家庭における環境負荷の実態を把握するとともに、市民率先行動の主たる取り組みとして大いに期待している

ところです。

 

2.環境家計簿web版

  こちらからダウンロードして活用ください→環境家計簿Excel版[XLSX:466KB]

                            環境家計簿(PDF版)[PDF:32KB]

 

 

その他関連情報リンク

1.講演会・セミナー

北見の環境を学ぶエコスクール

講演会「お天気からみる地球温暖化」

講演会「地球を守る 地域を創る」

 

2.事業

イラスト(ミントのまちの省エネ・プロジェクト)

イラスト(プロジェクトオホーツク)

COOL CHOICE in 北見

3.計画など

北見市環境基本計画

北見市役所地球温暖化防止実行計画

北見市新エネルギー・省エネルギービジョン

 


 

 

 

お問い合わせ

環境課
環境計画係
電話:0157-25-1131
ファクシミリ:0157-25-1215