【端野自治区】防災TOPページ(日ごろの備え・避難場所など)

2018年3月9日

近年、自然環境と社会環境の変化によって、自然災害の様態が変わりつつあり、大雨による洪水や土砂災害などが全国各地で発生しています。
端野自治区においても、平成28年に大雨で河川が氾濫するなど甚大な被害が発生しました。
自然災害を防ぐことは困難ですが、日ごろからの心構えや備えにより、被害を少なくする(減災)ことはできます。
いつどこで起こるかわからない自然災害。その災害から身を守るために、私たち自身が「防災」への意識を高め、災害を自分のこととしてとらえ、日ごろから備えておきましょう。

(下の1~5のメニューをクリックすると、このページの該当箇所に移動します)

  1. 日ごろの備え
  2. 避難場所、マップなど
  3. 防災講座をご活用ください
  4. 自主防災組織を作りませんか
  5. お役立ちリンク

北見市の防災ページは、こちら

日ごろの備え

避難場所、マップなど

端野自治区の避難所マップは、こちら

端野自治区の土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域は、こちら

防災講座をご活用ください

北見市では、自治会・町内会やPTAなどおおむね10人以上のグループ(団体)を対象に、次の3つのメニューで防災講座を実施し、講師を派遣しています。

  1. 災害から身を守るために-災害に対する備えは十分ですか?-
  2. 防災意識を高めるために-簡易型災害図上訓練(DIG)を体験してみませんか-
  3. 自主防災意識を高めるために-避難所運営ゲーム(HUG)北海道版~Doはぐ~を体験してみませんか-

申込方法などの詳細は、こちら

地域の会合などで集まる際に、ご利用してみませんか?

まずは、端野総合支所総務課までご相談ください。

自主防災組織を作りませんか

自主防災組織とは、地域の方々が連携し、自主的に防災活動を行う組織のことです。
大規模な災害が発生したら、市や消防などの防災関係機関は総力を挙げて対応しますが、さまざまな悪条件が重なり、十分な応急活動ができないことも予想されます。
「自分たちの地域は自分たちで守る」という考え方にたち、みんなが地域ぐるみで助け合い協力し合って、統制のとれた行動をとることにより、はじめて一人ひとりの力が生きてきます。

自主防災組織を作りませんか?

北見市では、「自主防災組織の手引」を作成しています。

まずは、端野総合支所総務課までご相談ください。

お役立ちリンク

防災情報リンク集