核兵器廃絶運動

2018年10月10日

核兵器の廃絶と世界の恒久平和を若者をはじめ市民に広く周知することが必要であることから、北見市では次のような事業を実施しています。

 

核兵器廃絶平和都市宣言

 

広島平和の旅

 高知市との教育交流事業に併せて、小中学生4名と教員2名を派遣し、広島市で行われる「広島平和記念式典」に参列し、平和記念資料館、原爆ドーム等の見学をし、被爆の実相・核廃絶・平和の尊さなどの核兵器による被害の悲惨さを知ることで、世界の恒久平和と核兵器廃絶の重要性を学んでいます。また、若い世代に伝えていく事を目的に、「平和講演会」と隔年で実施しています。

 

平和講演会

 広島から実際に原爆を体験した「被爆体験証言者」の方を招き、原爆の恐怖と悲惨さを講演していただいています。
 平成30年度は7月11~12日の両日、小泉中学校と温根湯中学校で、広島市から被爆体験伝承者の橘 光生(たちばな みつお)さんをお迎えし、「平和講演会」を開催しました。
 橘さんは広島平和記念資料館のボランティアガイドを14年しています。被爆体験伝承者としては3年前から活動しており、被爆した被爆者の方からその体験の事実と平和への思いを受け継ぎ、人々や次の世代の人達に原爆の悲惨さを伝えています。被爆者から当時の様子を聞き取り、悲惨な状況を説明する講演に、生徒たちは真剣なまなざしで
聞き入っていました。

 

小泉中学校 小泉中学校

H30平和講演会 講演録[PDF:494KB]

H28平和講演会 講演録[PDF:818KB]

H26平和講演会 講演録[PDF:680KB]

H24平和講演会 講演録[PDF:671KB]

H22平和講演会 講演録[PDF:845KB]

H20平和講演会 講演録[PDF:1006KB]

H18平和講演会 講演録[PDF:458KB]

 

平和祈念展

 戦争の悲惨さや原爆の恐ろしさを伝え、そして平和の尊さを訴え続けていくために広島平和記念資料館から原爆写真ポスターなどの資料をお借りして展示しています。

中央図書館 市民サービスセンター

 

平成30年度 平和祈念展

お問い合わせ

市民活動課
市民活動係
電話:0157-25-1105
ファクシミリ:0157-25-1016