建設工事等競争入札参加資格審査申請に係る「解体工事」の取扱いについて

2018年11月26日

 平成28年6月1日の建設業法の改正により、建設業許可の工種に「解体工事業」が新設されたことに伴い、平成29・30年度の北見市建設工事等競争入札参加資格審査申請から「一般土木」及び「建築」の業種に「解体工事」を新設したところです。

 現在は、経過措置として、平成28年6月1日(法施行日)時点で「とび・土工工事業」の建設業許可を受けて、解体工事業を営んでいる者(経過措置適用者)は、法施行後3年間(平成31年5月31日まで)は、「解体工事業」の許可を受けずに解体工事を施工することが可能です。

(平成28年6月1日以降に新規で「とび・土工工事業」の建設業許可を受けた建設業者は、「解体工事業」の建設業許可を受けずに解体工事を施工することはできません。)

 

 平成31年・32年度の北見市建設工事等競争入札参加資格審査申請においては、下記のとおり取り扱うことといたします。

 

区分 平成31・32年度北見市競争入札参加資格審査申請

建設業許可 「解体工事業」許可必要
経営事項審査

「とび・土工・コンクリート

・解体(経過措置)」

「 解 体 」

建設業許可 「解体工事業」許可必要
経営事項審査 「 解 体 」

 

※経過措置適用者で平成31年6月1日以降も「解体工事」の登録を希望する業者は、平成31・32年度北見市競争入札参加資格審査申請時期(平成31年1月中旬)までに「解体工事業」の建設業許可を取得し、「解体工事業」について経営事項審査を受けてください。

 

 経過措置期間中であっても、工期末が平成31年6月1日以降の解体工事については、「解体工事業」の建設業許可は必要となります。

お問い合わせ

契約課
契約係
電話:0157-25-1242
ファクシミリ:0157-25-6932