ふるさと北見応援寄附金 令和元年度の主な活用事業

2020年9月1日

平成30年度までにいただいたふるさと納税寄附金は、令和元年度の事業で次のとおり活用させていただきました。

 

寄附項目 寄附金活用金額 主な事業
ふるさと振興・まちづくりに関する事業 223,076千円 若者地元定着促進事業費ほか
子育て・地域福祉に関する事業 111,536千円 子育て支援員育成事業費ほか
スポーツ・文化の振興に関する事業 83,488千円 常呂遺跡世界遺産登録推進事業費ほか
その他 119,489千円 北見カーリングホール建設事業費ほか
合計 537,589千円 全82事業

 

ふるさと振興・まちづくりに関する事業

若者地元定着促進事業費

地元企業の人材育成を図るため、地元大学生等を対象とした合同企業セミナーを開催したほか、企業情報など広く就職に向けた情報を発信するための専用ウェブサイトを開設しました。
地元大学生と地元企業とのマッチングの機会を提供し、就職促進が図られました。

 

 

子育て・地域福祉に関する事業

子育て支援員育成事業費

子育て支援の仕事に関心を持ち、子育て支援分野の各事業に従事することを希望する方に対し、必要な知識や技術を修得するための研修を実施しました。
地域子育て支援事業を担うことができる支援員の養成が図られました。

 

 

スポーツ・文化の振興に関する事業

常呂遺跡世界遺産登録推進事業費

国の指定史跡である常呂遺跡の世界遺産登録に向け、東京大学の協力のもと遺跡発掘調査を実施するとともに、リーフレットを作成し常呂遺跡の価値をPRしました。

 

 

その他

北見カーリングホール建設事業費

最先端スポーツ科学に基づく高度な競技力向上への支援機能を有する通年型カーリングホールの整備に向け、建設工事等を実施しました。

 

 

未掲載のものを含め、82事業に537,589千円充当させていただきました。