企画展『東京大学常呂実習施設・発掘調査出土品展』【終了しました】

2020年9月18日

アザラシ形土製品写真
【トコロチャシ跡遺跡出土の「アザラシ形土製品」(オホーツク文化)】

 

 北見市・常呂地域では毎年、8~9月に東京大学常呂実習施設により発掘調査が行われています。この展示では、発掘調査の中から最近復元・整理作業が終了した資料を中心に公開し、調査成果をご紹介します。

 なお、今年も発掘調査は行われますが、感染症拡大防止対策のため、規模を縮小し、外部との接触もできるだけ減らして実施されるとのことです。こうした状況から、例年実施している発掘現場の見学会は中止することとなりました。今年は展示で発掘の様子をご覧いただければと思います。

期間:令和2年7月23日(木・祝)~9月30日(水)

※会期を1週間延長しました、

会場:ところ埋蔵文化財センター・展示室(「ところ遺跡の森」内)

開館時間は午前9時~午後5時です。

展示品:

  • トコロチャシ跡遺跡出土品
  • 大島2遺跡出土品ほか


【開館情報】
 

 会期中の施設休館日は以下のとおりです。
  7月27日
  8月3・11・17・24・31日
  9月7・14・23・28日


各種ご案内
 

 

 

お問い合わせ

北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森

〒093-0216
北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538