ヌプンケシ189号

北見市総務部 市史編さん主幹  〒090-8501 北見市北5条東2丁目 TEL0157-25-1039

市史編さんニュース NO.189
 タイトルヌプンケシ
平成22年4月15日発行

大正12年8月発行の『野付牛総覧』に掲載された広告◎上杉病院のことから(4)
◇町役場前の「上杉病院」の写真
 右の広告は大正12年(1923)8月発行の『野付牛総覧』に掲載されたもので、「薬剤士邨瀬汎」の名前も併記されています。上杉医師の従兄弟にあたる汎氏は、長女愛さんのお話によると、薬剤師の他に、病院の経理や事務にも携わっており、上杉家にとっては大変頼りになる存在であったようです。それは多分、野付牛病院での実務経験が活きていたのでしょう。
 汎氏は、若い頃は写真が趣味で「撮影から現像・仕上げまで自分で行っていました。」(愛さん談)とのこと、大正年間に報知新聞懸賞写真に入賞したこともあり、家族の写真も多数遺されています。
 当時一般人には写真材料の入手は困難で、写真といえば専門の写真師の手によるものばかりでしたから、超ハイカラな趣味でした。
上杉病院の建築現場写真 筆者も初めて見たのですが、左の写真は汎氏が撮影したものらしく、北5条西1丁目にあった上杉病院の建築現場を、向かい側、野付牛町役場の柵の所から撮ったものです。病院本館と、横に一部見える平屋は入院病棟だと思います。写真の裏に「大正11年6月上旬」と記されています。この他、隣接して建築中の住宅の写真には「大正11年7月20日夕」との裏書があります。大正11年(1922)9月28日印刷・10月1日発行の『北見之人』にある上杉栄二氏の項に「大正十一年野付牛町役場前に広壮なる病院を新築して今日に至る」とありますので、従って上杉病院が北2条東1丁目から役場前に新築移転したのは、同年8月から9月にかけてだと推測しています。
大正12年8月上杉病院の全景写真 右は上杉病院の全景写真です。裏書に「大正12年8月29日撮影曇天」とあるそうですから、移転して一年ほど経って写した写真のようです。
 ですから、右上の広告とほぼ同じ頃に撮影されたことになります。絵葉書に仕立てた写真もありますので、おそらく本州の親族や知人などへ近況報告する時に使われたのでは、と思われます。


◇第1回網走支庁管内聯合青年大会
 今回、ご提供頂いた写真の中で一番注目したのは、右の写真です。裏書に「大正10年9月18大正10年9月18日聯合運動会の写真日 聯合運動会」とあり、これは『北見市史』年表編の大正10年(1921)の社会・文化の項、「9.17野付牛尋常高等小学校で網走管内青年大会が開かれ、2,500余人参加、翌18日公設グランドで第1回聯合運動会」とあるのに、符合しました。年表と事実が合致して大変面白く思いました。
 下の写真も、現在の北見郵便局の所にあった、万国旗が飾られ公設グランドを多くの観衆が囲んでいる写真です。露店も出ているようです。2枚とも不鮮明で、どの様な競技が行われたのか判別出来ないのは残念です。
 摂政宮つまり後の昭和天皇が大正11年に網走管内に来たのを記念して、大正12年6月に網走新聞社から刊行された『摂政宮殿下行啓記念録/附青年団之現況及大会記録』によれば、野万国旗が飾られた写真付牛町で開催されたこの大会の正式名は「第1回網走支庁管内聯合青年大会」といい、第2回が大正11年9月15・16日、網走町で開催されました。ただし、この記録によれば「支庁管内ヲ統一スル聯合青年団ハ大正十年九月十六日発団ノ式ヲ挙ケ野付牛町ニ於テ第一回大会ヲ開キ」とあり、別のページでは「網走支庁管内聯合青年団は大正十年九月十六日創立 同日より二日間野付牛町に於て大会を開催し」とあり、当市の年表と一日食い違っています。当市の年表の方は大正10年9月18日付の『北海タイムス』の記事を根拠にしています。どちらが正しいかとなれば、この写真の裏書から「9月18日に運動会が開催されたこと」は事実であると考えられます。
 ちなみに『摂政宮殿下行啓記念録/附青年団之現況及大会記録』によれば、網走管内で最初の青年団は、明治31年(1899)1月4日創立の湧別町遠軽(現在の遠軽町)の北辰青年会だったそうで、明治32年には野付牛村に相内青年会が発会しました。大正10年には団体数は219団体となり、翌11年には224団体になったとあります。
 このように、急速に増加した青年団を上から指導するために連合組織の整備が進められ、『新北海道史』第9巻の大正10年(1921)の社会・文化の項に「9.− 北海道聯合青年団結成(団長、道庁長官)」とあり、『網走市史』下巻にも「大正十年九月には網走支庁管内連合青年団(団長支庁長)」とあるとおり、行政の長が団長になっていました。
 そこで仮説ですが、網走支庁管内聯合青年団の発団式だけは、9月16日に支庁長が執務する網走支庁で行われ、それから第1回網走支庁管内聯合青年大会が野付牛町で17日・18日開催されたのではないでしょうか。これもいずれ資料を探索して、確認してみたいと思います。(続く) 

《中庭だより》☆平成20年4月から基本計画策定、『北見市史・年表編II』、『統合年表』の作成に努力された小野寺雅秀主幹が、4月1日付で仁頃高校の事務長で異動になり、後任に金村友幸主幹が配置されましたので、よろしくお願いいたします。小野寺さん、お疲れ様でした。
NO.190へ
よくある質問のページへ

教育・文化

教育委員会

スポーツ

青少年

生涯学習

学校教育

文化施設

姉妹友好都市・国際交流

歴史・風土

講座・催し

図書館