ヌプンケシ109号

北見市総務部 市史編さん主幹  〒090-8501 北見市北5条東2丁目 TEL0157-25-1039

市史編さんニュース NO.109
title
平成17年12月1日発行

◎B級戦犯 平手嘉一大尉(1)
 敗戦後の北見市民にとって、衝撃的な事件の一つが、野付牛中学校(現・北見北斗高校)出身の平手嘉一大尉がB級戦犯として処刑されたことでした。
◇平手嘉一の略歴
hirate
陸軍少尉に任官した平手

 平手は大正7年(1918)2月28日、寿都郡黒松内町で父=正幸、母=ユキの次男として生まれました。父は富士製紙株式会社に勤務、道内を転勤、家族と野付牛にやってきました。平手は東小学校から、昭和5年(1930)野付牛中学校に進学。昭和6年に父が退社、北3条東3丁目で報知新聞の販売業を始めました。平手は在学中、野球、陸上競技に活躍。特に野球では投手として、昭和8年に札幌で開催された全国中等学校野球選手権大会全道大会で、後に巨人軍の投手として有名になる旭川中学校のスタルヒンと投げあいましたが、結果は4対0、スタルヒンの剛球に歯が立たず野付牛中学校が負けました。昭和10年(1935)同校を卒業、不景気で家業が不振なため、一時、国鉄野付牛鉄道管理事務所に勤務して、昭和11年、外交官を志して大阪外国語学校フランス語科入学、昭和14年に卒業、朝鮮総督府図書館に勤務しました。
 昭和15年(1940)3月、平手は現役兵として旭川の第7師団輜重兵第7連隊に入隊。幹部候補生試験に合格、12月福岡県久留米陸軍予備士官学校に入校。昭和16年7月末、同校卒業、陸軍見習士官として任官。8月には旭川の原隊に復帰、11月には少尉に進級しました。しかし、激務のため健康を害し、肺浸潤の疑いで療養したことから、彼は旭川に残され、所属していた部隊は戦況の激化と共に北千島に転出、昭和18年5月、アッツ島で全滅してしまいました。このことは、後々まで平手を精神的に苦しめました。
 この病歴と、外語出身ということからか、昭和17年12月より室蘭に開設された「函館第一俘虜収容所室蘭分所長」として服務。昭和20年6月、捕虜の安全のために、芦別に収容所が移動。同年8月13日には戦争終結の密命を受けて、捕虜の作業を止めました。9月13日まで現地で送還業務と整理に当り、その後は札幌の軍司令部で残務整理に当たりました。11月8日、マッカーサー元帥は日本政府に対して、「日本国内の俘虜収容所、抑留所ならびに病院などにおいて連合国民に対し残虐行為その他の犯行を加えた疑いのある日本人三百名を逮捕し彼らを連合軍当局に引き渡すこと。」を指令しました。札幌にいた平手は電報による出頭命令を受けて、一時帰北した後、11月22日、巣鴨刑務所に入所。12月には横浜刑務所に移送。昭和21年(1946)1月14日公判開始、同月25日の判決まで、11回の公判が行われ、絞首刑の判決が言い渡されました。それから平手の人柄を知る多くの人々から嘆願書が出され、助命運動も起きましたが、それらもむなしく、同年8月23日、刑が執行されました。享年28歳でありました。
◇戦争犯罪とA・B・C級戦犯
 この平手の裁判・判決内容等を検討する前に、その戦犯(戦争犯罪人)、戦争犯罪という事項について、少々面倒かもしれませんが、勉強しておきたいと思います。お付き合いください。
 資料によると、第2次世界大戦の死者は世界全体で5千万人にのぼるといわれ、負傷したり、物的に被害を受けた人々は数え切れません。ナチスドイツと大日本帝国が侵略した国々では、多くの虐殺・略奪が行われ、人的、物的に大きな被害をだしました。そこで連合国は、戦争を開始、遂行し、残虐行為を指導したドイツや日本など枢軸国の責任者を戦争犯罪人として処罰することとしました。この前提になったのは第1次世界大戦の悲惨な体験から生み出された、侵略戦争を違法とし、侵略戦争を始める行為を「戦争犯罪」とする国際法上の考え方でした。
 「1943年10月に発足した連合国戦争犯罪委員会は、連合国各国から国際法学者や外交官などが参加して枢軸国の戦争犯罪をどのように扱うのかを議論した。この戦争では極めて組織的かつ大規模な残虐行為が発生しており、現場で起きた個々の残虐行為の責任者を処罰するという従来の戦争犯罪の考え方では対処できないという点が認識されていた。またそうした大規模で組織的な残虐行為をおこなうような戦争を計画、準備、開始、遂行している国や軍などの指導者を裁かなければ、残虐行為の現場の関係者だけを裁いてもダメであるという認識も生まれていた。こうして後に定式化される『人道に対する罪』と『平和に対する罪』という考え方が議論されていった。」紆余曲折の末、「45年4月から米英両政府間の協議が始まったが、ドイツ指導者を裁判にかけることにイギリス政府は抵抗した。しかし4月末にヒトラーが自殺したのをきっかけに(連合国が確認したのは5月になってから)、イギリスもドイツ指導者の国際裁判案を受け入れた。ヒトラーが法廷で演説するというおぞましい事態がなくなったことが大きな理由だった。/その後、フランスとソ連を加えた4大国による協議がおこなわれ、国際軍事法廷というアメリカ案をベースに議論が進み、8月8日ようやくロンドン協定ならびに国際軍事裁判所条例が調印された。これによりドイツの主要戦犯を英米仏ソの4カ国による国際軍事法廷によって裁くことがきまった。この法廷は政府間協定による国際法廷として設置されることが合意されたのである。この条例の第6条で戦争犯罪について三つの類型化がなされている。条文を引用しておこう。

(a)平和に対する罪、すなわち、侵略戦争若しくは国際条約、協定若しくは誓約に違反する戦争の計画、準備、開始若しくは遂行又はこれらの各行為のいずれかの達成を目的とする共通の計画若しくは共同謀議への参加
(b)戦争犯罪、すなわち、戦争の法規又は慣例の違反。この違反は、占領地所属若しくは占領地内の一般人民の殺人、虐待、若しくは奴隷労働若しくはその他の目的のための追放、俘虜若しくは海上における人民の殺人若しくは虐待、人質の殺害、公私の財産の略奪、都市町村の恣意的な破壊又は軍事的必要により正当化されない荒廃化を包含する。ただし、これらに限定されない。
(c)人道に対する罪、すなわち、戦前若しくは戦時中に全ての一般人民に対して行われた殺人、殲滅、奴隷化、追放およびその他の非人道的行為又は犯行地の国内法の違反であると否とを問わず、本裁判所の管轄に属する犯罪の遂行として、若しくはこれに関連して行われた政治的、人種的若しくは宗教的理由に基づく迫害行為。
 これによって、いわゆる『平和に対する罪』(A級)、『通例の戦争犯罪(戦争の法規または慣例の違反)』(B級)、『人道に対する罪』(C級)の三つが定式化されたのである。」(林 博史著『BC級戦犯裁判』より引用)。以上がA・B・C級戦犯区分の元であるようです。(続)
《中庭だより》
☆『北見経済小史』と水津仁郎専門委員の記事が、11月24日付『北海道新聞』朝刊に載ったところ、始業から電話が鳴りっ放し、残部で20数部あった同史稿も午前中で無くなりました。その後も電話やお客さんが来て、その度にお詫びする連続で正直まいりました。新聞記事には「希望者に無料で配布する。」とあったので、大量にあるものと勘違いされてしまったようです。
よくある質問のページへ

教育・文化

教育委員会

スポーツ

青少年

生涯学習

学校教育

文化施設

姉妹友好都市・国際交流

歴史・風土

講座・催し

図書館