ごみステーション管理の取り組み(緑ヶ丘第2みどり町内会)

〇緑ヶ丘第2みどり町内会
(会員数178戸11班ごみボックス12箇所)

〇北見自治区のモデル地区をめざして(緑ヶ丘)
◆経過
・12箇所がネットのごみステーションであったため、カラス、猫、犬にごみが荒らされ、ステーションの周りがごみで散乱し不衛生でした。
・分別がわるく赤いチェックシールが貼られることが多かった。
・ごみステーションはネットからボックス化へ。
・平成19年からボックス化を年次計画し、平成21年5月で12箇所を全て設置したが、しかしながらごみの分別は以前と同様に赤いチェックシールのごみが多かった。

◆取組み結果
・任意で平成20年7月頃から減量等推進員とパークゴルフサークル等の仲間3〜4名でごみステーションの巡回を始めています。
・その状況を以前からある「みどり会報」(平成12年2月に始めた)を利用して会員さんにお知らせしています。

◆改善したこと
・赤いチェックシールで残されるごみは以前から比較して少なくなりました。
・しかし、最近は、また残されるごみが出てきましたので、今後も続けてごみステーションの状況を掲載する予定です。
・これからの取り組みでは、置いて行かれたごみは、排出した会員さんが持ち帰り分別しなおすように「みどり会報」でお知らせし、適正排出を目指す予定です。

""
お問い合わせ
廃棄物対策課
啓発係
電話:0157-67-7676
ファクシミリ:0157-67-7677
E-Mail:haikitaisaku@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー