ごみステーション管理の取り組み(北陵第3町内会)

〇北陵第3町内会
(会員数30戸3班ごみボックス1箇所)

〇パトロールでマナー向上(高栄西町)
ごみ減量推進委員の2名がペアでパトロールを行っています。

・最初にA4の2枚分の大きさの板を用意して、「資源ごみ」「燃やすごみ」「燃やさないごみ」と書いた紙を濡れても破れないようにラミネートします。

・ごみ収集車に回収してもらえなかったごみは推進委員Bさんが持ち帰り中身を点検します。理由を調べて、委員Aさんに携帯メールで送ります。

・委員Aさんは、そのメールを注意事項の紙に書き、次の日のごみ回収日に「○○○のごみがあったため、回収されませんでした」と、回収品の下に張っておきます。
(残されたごみは推進委員Bさんが適切に処理します。)

◆改善したこと
・以前からごみマナーは悪くなかった町内会ですが、この取り組みを始めてから間違いが減ったとのことです。今でもたまに残されるごみは「プラスチック製容器包装ごみ」と「燃やさないごみ」の間違い、汚れている資源ごみの間違いです。

""
お問い合わせ
廃棄物対策課
啓発係
電話:0157-67-7676
ファクシミリ:0157-67-7677
E-Mail:haikitaisaku@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー