用語説明(あ行)

依存財源

 国や道の意思により定められた額を交付されたり、割り当てられたりする収入のこと。(⇔自主財源)

一時借入金

 地方公共団体が、一会計年度内において、歳計現金が不足した場合に、その不足を補うために借り入れる金銭。
 例えば、市が道路をつくるときなど、工事が完了すれば業者に代金を支払わなければなりません。しかし、支払いの期限までに必ずしも現金があるわけではありません。このような場合、金融機関などから一時的にお金を借りて支払いを済ませます。この借りたお金のことを、一時借入金といいます。一時借入金は、税金や補助金・交付税などを収入したときに返済します。

一般会計

 地方公共団体の行政運営の基本的な経費を網羅して計上した会計であり、特定の歳入をもって特定の事業にあてることを目的としている特別会計で計上される以外の全ての経費を処理する会計です。

一般財源

 財源の使途が特定されず、どのような経費にも使用することができるものをいいます。
 一般には、市民税などの地方税、地方譲与税、地方交付税、交通安全対策特別交付金、利子割交付金、地方消費税交付金、ゴルフ場利用税交付金、自動車取得税交付金などがあります。

公の施設

 住民の福祉を増進する目的をもって住民の利用に供するために地方公共団体が設置する施設(地方自治法第244条)となっており、学校・公民館・図書館・病院・保育所・水道・下水道等がこれに当たります。公の施設に入らないものは、競輪場・競馬場などの住民の福祉増進の目的に沿わないもの、地方公共団体が直接使用する市庁舎などの公用施設や利用者が限定される研究機関、住民以外の者でも利用できる観光ホテルなどがあります。

お問い合わせ
財政課 財務係
電話:0157-25-1112
ファクシミリ:0157-24-1101
メール:zaisei@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

行政・まちづくり

まちづくり協議会

市町村合併

行政評価

行財政改革

財政

条例・規則

人事・採用

計画

連携協定・連携事業

統計

施設

入札・契約

工事検査

市議会

情報公開

申請・届出

監査

ご意見募集(パブリックコメント)

広聴

道路・河川

地域交通

広告事業