ヌプンケシ15号

北見市企画部(市史編さん担当) 〒090-8501 北見市北5条東2丁目 TEL0157-23-7111(代)


市史編さんニュース NO.15
タイトルヌプンケシ
平成14年1月1日発行

 新年明けましておめでとうございます。
画像うまどし      本年もよろしくお願いいたします。
 初春を皆様には、いかがおすごしでしょうか?画像お父さんとぼく
 市史編さんニュースも旧年5月17日の第1号から順調に発刊しつづけ、今回で15回になりました。これも、皆様のご理解とご協力の賜物と深く感謝しております。今後とも、よろしくご指導ください。
 また、9月に開設された当初、ガランとしていた市史編さん事務室も、前回市史編集委員長である(故)鈴木三郎先生の資料類が搬入、整理されて、利用できるようになり、その上、実務をお願いしている伊藤公平氏が、これまで個人で収集してきた資料類を持込まれ、何とか市史編さんの部屋らしくなってきましたが、まだまだ資料は不足していますので、本年もますますの市民の皆様のご協力をお願いいたします。画像座っているひと

◎第5回市史編さん委員会開催
 12月13日(木)午後1時30分〜3時10分、庁舎別館1階入札室にて、第5回市史編さん委員会が、委員10名全員出席で開催されました。主な議題は次のとおりです。
1)江別市史編さん事務視察報告
 まず田丸主幹より、12月3日、江別市史編さん事務の視察報告がなされました。
・江別市では平成7年に『えべつ昭和史』を刊行、現在は『新江別市史』を編さん中。
・職員は正職員が藤倉次長、太田主幹、嘱託職員2名の計4名体制。
・『えべつ昭和史』では、戦中資料の不足を 200名に及ぶ聞き取りで補い、また38冊を数えるノートなど、藤倉次長の血の出るような編さん努力によって、具体化されました。
編集の根幹は、発行しようとする市史の「編別編成」にあるとのことでした。
2)市史編さん基本計画(案)について
 事務方より、これまでの経過を述べた前文「はじめに(案)」と、本文である「1.市史編さんの目的(案)」、「2.編さん基本方針(案)/1)広範な資料の恒常的な収集、整理、保存実施/2)市史研究の振興/3)市史編さんの具体化」の原案説明がありました。
 質疑は、基本方針の「3)市史編さんの具体化」に集中。編さん委員会で編集の具体的な事項に踏み入るか、また別途、執筆者など実務者による編集委員会を立ち上げて細部を具体化すべきか、論議されました。またこれまで指摘のあった既存市史の欠落部分の取り扱いについても論議されました。
 結局、次回第6回委員会までに、「編集の参考として、これまで委員会で述べられた既存市史での欠落部分をまとめる。」、「委員で、実務方から提案のあった原案に対して、対案、もしくは修正案があれば、1月10日までに事務室に提出すること」、「市史編さんの目的(案)の文言は、実務方で整理し、提案する」ことを確認して、会議を終えました。 次回、第6回委員会は、引き続きこの「市史編さん基本計画(案)」を議題に、1月17日(木)午後1時30分から、入札室で開催されます。画像座っている女のひと


◎道立図書館のプランゲ文庫(マイクロフィッシュ)
 12月7日、『北見文撰』創刊号の複製品を道立図書館北方資料室に送付したところ、同館で平成11・12年度購入した「プランゲ文庫マイクロフィッシュ(北海道分)」にある北見関係のリストを、12月17日着で送っていただきました。リストの内容は下記のとおりです。なお同館購入分の中には『北見文撰』創刊号は入っていなかったとのことです。

出版地 基本表題 ローマ字読み 出版者 フィッシュ数
北見 くさり Kusari 国鉄労組北見支部青年婦人部
北見 阿寒 Akan 阿寒発行所 19
北見 造林課報 Z^orinkah^o 北見営林局
北見 まつかさ Matsukasa 北見営林局造林課
北見 オホツク Ohotsuku 北海文芸研究
北見 労・農 R^on^o 民主連盟本部
北見 いづみ Izumi 全農林職労組北見営林局分会文化部
北見 北見の子ども Kitami no kodomo 北海道教職員組合北見支部内児章文化協会
北見 微風 Soyokaze 松下木材株式会社北見工場文芸部
北見 労鏡 R^oky^o 日本電気産業労働組合道東支部北見分会
北見 白塔 Hakut^o 白塔編集部
北見 炎柱 Hobashira 日本電気産業労働組合北海道地方道東支部北見分会文化部
北見 公園 K oen 楡書房
 筆者も初めて知った資料もあることから、市立図書館にある『阿寒』、『公園』創刊号、『北見の子ども』創刊号を除き、道立図書館に複写をお願いすることとしました。複製できるものがあれば、複製して図書館に配布し、市民の閲覧に供したいと思っております。プランゲ文庫については、道立文学館の平原事業課長さん、北星学園女子短大の谷暎子教授、そして道立図書館北方資料室の大島さんとお世話頂き、誠に感謝しております。
 《中庭だより》 画像マフラーをしている男の子
☆市立図書館より、端野北見上湧別文化交流会(代 表 久保大心氏)刊行の屯田歩兵第4大隊資料集成-第1巻-北海道大学附属図書館収蔵『北見屯田綴』(影印翻刻)を提供頂きました。北見・端野・上湧別の有志が手弁当で北大附属図書館に通い、デジタルカメラに撮影し、翻刻したもので、清水委員長も良い仕事をされたと評価されていました。
『北見屯田綴』の一部は『北見市史』資料編にもありますが、全体が翻刻されたことでより研究が進むものと期待されます。久保氏はじめ有志の皆さん、ご苦労さまでした。

 

よくある質問のページへ

教育・文化

教育委員会

スポーツ

青少年

生涯学習

学校教育

文化施設

姉妹友好都市・国際交流

歴史・風土

講座・催し

図書館