飲料水の備蓄について

飲料水の備蓄について

災害、事故などにより給水ができなくなった場合、上下水道局では全力で復旧に努めますが、配水管の破損など復旧には時間がかかることがあります。

このような事態に備え、日頃より非常用飲料水を備蓄することをお勧めします。

また、給水車より給水を受ける際に清潔な容器を準備しておくと応急給水を受ける際に便利です。

なお、容器は水が入ると重くなりますので、 持ち運びが可能な大きさのものを準備しましょう。

 

備蓄方法

  1. 清潔で密閉性のよい容器を選び、中をよく洗浄します。
  2. 容器に空気が残らないように口元いっぱいまで水道水を入れ、しっかりフタをしめます。
  3. 日のあたらない涼しい場所で保管します。
  4. 保管した水道水は、2日程度を目安に洗濯や掃除に利用するなどしてくみ替えてください。

          ただし、浄水器を通した水を保管する場合は、塩素による消毒効果がないため毎日くみ替えが必要になります。

          ※保管した水を飲用するときは、必ず煮沸してからご利用ください。

 

お問い合わせ

上下水道局水道課
計画係
電話:0157-25-1180

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー