軽自動車税 税制改正について

国および地方を通じた自動車関連税制の抜本的見直しに伴い、平成27年度から軽自動車税の税率が改正され、さらにグリーン化を進める観点から、環境負荷の大きい三輪および四輪の軽自動車について重課が平成28年度から導入されました。

また、三輪および四輪の軽自動車で、排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されています。

 

リーフレット[PDF:4MB]

 

 

原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪車等

平成28年度から、次の車種について新税率が適用されています。

種   別 税率(年額)
平成28年度~

原動機付自転車

第一種(50cc以下) 2,000円
第二種乙(50cc超~90cc) 2,000円
第二種甲(90cc超~125cc) 2,400円
ミニカー 3,700円
軽自動車 二輪(125cc超~250cc) 3,600円
雪上車 3,600円
小型特殊自動車 農耕作業用 2,000円
その他 5,900円
二輪の小型自動車(250cc超) 6,000円

 

三輪、四輪の軽自動車

税率改正に伴い、三輪および四輪の軽自動車については、「最初の新規検査の年月」によって新税率が適用されています。

※最初の新規検査の年月については、自動車検査証の「初度検査年月」で確認できます。ただし、平成15年10月13日以前に最初の新規検査を受けた車両は「年」までしか記載されていないため、その年の12月に検査を受けたものとみなします。
種   別 税率(年額)
平成27年度課税から適用 平成28年度課税から適用

平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした車両(ア)

平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両(イ)

最初の新規検査から13年を経過した車両

(その経過した月の翌年度 から適用されます。)  (ウ)※

三輪(660cc以下) 3,100円 3,900円 4,600円
四輪(660cc以下) 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

※電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車およびガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車並びに被けん引車は重課税率から除外されます。

 

◆三輪および四輪の軽自動車の税率区分早見表◆[PDF:208KB]

 

◆グリーン化特例(軽課)について

 排出ガス性能および燃費性能にすぐれた環境負荷の小さい三輪・四輪の軽自動車について、税率を軽減するグリーン化特例(軽課)が適用されます。

・「平成29年4月1日から平成30年3月31日までに最初の新規検査をした車両で、排出ガス基準と燃費基準を達成した車両」⇒平成30年度のみ適用
 

種   別 税率(年額)

電気・天然ガス軽自動車

(エ)

ガソリン・ハイブリッド車

〔平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減達成車〕

(オ) (カ)
三輪(660cc以下) 1,000円 2,000円 3,000円
四輪(660cc以下) 乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

(エ) 平成30年排出ガス基準適合または平成21年排出ガス基準10%低減

(オ) 乗 用:平成32年度燃費基準+30%達成車

     貨物用:平成27年度燃費基準+35%達成車

(カ) 乗 用:平成32年度燃費基準+10%達成車

     貨物用:平成27年度燃費基準+15%達成車

 

 ※(オ)(カ)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。

 各燃費基準の達成状況は、「自動車検査証の備考欄」に記載されています。

 

 

※軽自動車税の申告・賦課について不明な点は、下記お問い合わせ先にお電話ください。

お問い合わせ

市民税課
諸税係
電話:0157-25-1114
ファクシミリ:0157-25-1201

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー