北見市消費者被害防止ネットワーク会議ニュースNo.79

友人から誘われても、断れますか?
友人から投資話に誘われ高額契約したが、実は知り合いを勧誘して紹介料を得る仕組みだった・・・
いわゆる後出しマルチ商法の被害が広がっています!

 今年度になって北見市の20代の若者から、後出しマルチ商法に関する相談が増えています。友人やSNSを通じて知り合った人から、儲かる投資方法を教えると言われ高額契約をさせられ、後で「実は他の人を勧誘して設ける仕組みだ」と知らされる手口です。暗号資産(仮想通貨)やバイナリーオプション、FXなど投資方法は様々ですが、初心者が簡単に儲かる方法はありません。

 友人、先輩からの勧誘は断りにくいでしょうが、後回しにするとますます断りにくくなります。お金がないと断ると、身分や収入を偽って消費者ローンの借入れをするよう勧められますが、金融機関で虚偽の申請をして借りてはいけません。

 マルチ商法では自分が被害者になるだけではなく、友人を勧誘することで加害者になりかねません。一人で抱え込まず、もし不安に思った場合は北見市消費生活センターに相談してください。

北見市消費生活センター(月~金、10時~16時)
電話番号:0157-23-4013
住所:北見市大通西2丁目1番地 まちきた大通ビル5階

お問い合わせ
市民生活課消費生活係
電話:0157-25-1149
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー