北見市消費者被害防止ネットワーク会議ニュースNo.72

「アマゾン」をかたる事業者からSMSで有料動画の未納料金の支払いを求める架空請求に注意!!
消費者庁からも注意喚起!!

アマゾンになりすましたSMSの事業所名は
「アマゾン」「アマゾンジャパン」「アマゾンカスタマーセンター」
「アマゾンサポートセンター」などの名称で通知されているようです。

消費者庁が確認した事実
消費者庁が実在のアマゾンに確認したところ、実在するアマゾンの動画配信サービス利用料を含むコンテンツ料は、クレジット決済による前払い方式となっています。
未納の場合はEメール送信される場合はありますがSMSでの通知はしませんし、ギフト券の購入依頼もしないそうです。

SMSやハガキによる架空請求の手口は、「本日中に連絡がない場合は、法的手続き(訴訟)に移行する」という文書で恐怖心をあおり電話を待っています。
また、電話の対応では、コンビニエンスストアでギフト券を購入させたり、ギフト券の番号を伝えコンビニでギフト券代金を支払わせるなどの手口になっています。
アマゾンでは、ギフト券での支払いは絶対ありません!!
SMSやハガキによる、有料動画サイト料金や会員登録料、消費料金の未納通知などがきた場合は、絶対電話連絡をしてはいけません。

       
北見市消費生活センター(月~金、10~16時) 
電話番号:0157‐23-4013
住所:北見市大通西2丁目1番地 まちきた大通ビル5階

お問い合わせ
市民生活課消費生活係
電話:0157‐25‐1149
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー