令和4年度医療・介護・福祉を考える「市民フォーラム」を開催します

高齢化社会を迎え、地方の実情に合った介護・福祉・医療を目指す「地域包括ケア」という考えが進んでいます。その中で地域住民は「サービスの受け手」だけでなく、町内会や老人クラブなどの地域団体や各種ボランティア団体とともに、「サービスの担い手」としても位置付けられ、積極的な参加が求められています。
これからの共生社会について市民の皆さんと考えます。

日時 令和4年10月22日(土)13時30分~15時(開場13時)
場所 ホテル黒部 (北見市北7条西1-1)
対象 一般市民、医療介護関係者
内容 講演1 
活動報告/もしもの時の安心を考える
救急搬送時における医療情報の現状と課題
救急隊からと医療機関からの活動報告

講演2 
テーマは「連携から連帯へ」
~ケア施設町内会を通じた社会コミュニティづくり~
講師:社会福祉法人アンビシャス 理事長 長谷川聡氏
定員 100名(事前申し込み必要)
参加費 無料
申し込み ・別添チラシに掲載されているQRコードを読み取る、またはURLからインターネットで申し込み
・下記へ電話で申し込み
北見市医療福祉情報連携協議会(北見医師会内) 
番号:0157-23-2787
お問い合わせ
保健福祉部
地域包括ケア推進担当
電話:0157-25-1144
FAX:0157-26-6323
メール:kaigo@city.kitami.lg.jp

新着一覧

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・しごと

行政・まちづくり

防災