児童手当の令和6年度制度改正(令和6年10月分から)

児童手当の令和6年度制度改正につきまして、現時点で判明している情報をお知らせいたします。 手続きなどの詳細につきましては、国から通知が届き次第、このホームページなどでお知らせいたします。

  • 制度改正後の最初の定期支給(令和6年10月分、11月分)は令和6年12月となります。

制度改正の概要

  • 支給対象が高校生年代まで拡大されます。
  • 第3子目以降の手当月額が一律3万円に引き上げられます。
  • 所得制限が撤廃されます。
  • 児童手当の金額を算定するとき(第1子、第2子、第3子・・・)の対象になる児童数のカウント方法が変わります。
  • 支払いが年6回(2月、4月、6月、8月、10月、12月)になります。

児童手当の金額を算定するとき(第1子、第2子、第3子・・・)の対象になる児童数のカウント方法

※児童養護施設等に入所している児童はカウントから除きます。

  • 22歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者(18歳に達する日以後の最初の3月31日を経過した者は親等が扶養している場合に限る。)の数

令和6年10月分以降の手当月額

年齢区分 第1子、第2子(1人あたり) 第3子目以降(1人あたり)
0歳~2歳 15,000円 30,000円
3歳~高校生年代 10,000円 30,000円

手続きが必要な方

制度改正に伴い手続きが必要となる方は以下のとおりです。
手続きが必要な方には、個別にご案内いたしますので確認の上手続きを行ってください。
なお、お子さんの住民票が北見市にない場合は、手続きのご案内ができない場合があります。

  • 令和6年9月末時点で所得上限超過や年齢要件で児童手当・特例給付を受給していない方
  • 令和6年9月末時点で児童手当・特例給付を受給している方で、18歳に達する以後の最初の3月31日を経過し、22歳に達する以後の最初の3月31日を経過していない者を扶養している方

公務員の方は所属庁から児童手当が支給されますので、手続き等につきましては所属庁の担当部署にご確認ください。

お問い合わせ先
子ども支援課
電話  0157-25-1137
メール kodomo@city.kitami.lg.jp

新着一覧

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・しごと

行政・まちづくり

防災