令和4年度「男女共同参画週間」キャッチフレーズの募集

令和4年度「男女共同参画週間」のキャッチフレーズを募集しています

内閣府男女共同参画局では、毎年6月23日~6月29日の1週間を「男女共同参画週間」とし、キャッチフレーズを募集しています。このキャッチフレーズは、「男女共同参画週間」のポスターをはじめ、様々な場面において広報・啓発活動に使用されます。あなたの作品がポスターになって、全国で活用されるチャンスですのでぜひご応募ください。

令和4年度募集テーマ

「男だから」「女だから」といった性別役割意識にとらわれず、個性と多様性を尊重し、自身の可能性を信じて誰もが生きがいを感じられる社会を実現していくきっかけとなるキャッチフレーズ

「男性は仕事をして家計を支えるべきだ」、「家事育児は女性がするべきだ」といったような、性別による無意識の思い込み(アンコンシャス・バイアス)が高い割合であることが内閣府が行った調査からも明らかになっています。
15歳から20歳は、進学や就職等節目となるライフステージを控え、その人の人生設計において非常に重要な世代ですが、その人が置かれた環境により、人生の選択を判断する十分な情報が行き届いているかは差があったり、周囲から「男だから」「女だから」といった性別役割意識の「思い込み」「決めつけ」「押しつけ」により選択を狭められることもあります。
未来を生きていくユース世代である15歳~20歳の皆さんを対象に、こういった無意識の思い込みの解消を図り、自らの可能性を広く信じ、前向きに、それぞれの個性と多様性を尊重し、生きがいを感じられる社会を実現するためのキャッチフレーズを募集します。
皆さんの創り上げる未来をイメージしたキャッチフレーズをご応募ください。

北見市でも、6月に開催する「男女共同参画パネル展」でポスターを掲示します。

応募資格 ユース世代(15歳~20歳)(平成14年(2002年)4月2日生~平成20年(2008年)4月1日生)であればどなたでも応募できます。
ただし、応募作品は未発表の自作のものに限ります。
応募期間 令和4年1月11日(火曜)~令和4年2月25日(金曜)
応募方法 下記の内閣府男女共同参画局ホームページの応募フォームに必要事項を入力のうえ、ご応募してください。
お1人何作品でも応募可能です。
内閣府男女共同参画局ホームページ 応募方法など詳しくは左記の内閣府ホームページをご覧ください。
選考方法 内閣府及び男女共同参画週間応援サポーター(審査員)による厳正な審査により決定します。
審査 入賞者には4月中に応募時にご記入いただいたメールアドレスあてに通知します。
表彰 入賞作品(最優秀作品、優秀作品)の応募者には後日、記念品を贈呈します。また、入賞者には、男女共同参画担当大臣から表彰予定です。

(個人情報の取り扱いについて)
応募フォーム等に記載された個人情報は、本公募に関連する用途に限り使用し、法令に基づき適正な管理をします。

(その他)
・応募作品は返却しません。
・著作権等の侵害による争議が生じた場合、内閣府男女共同参画局(以下当局)は一切の責任を負いません。
・応募作品の著作権は当局に帰属します。
・応募作品は、本週間以外にも当局のPR等に使用することがあります。
・最優秀作品、優秀作品については、都道府県名、名前、年代等を公開することがあります。

(男女共同参画週間キャッチフレーズ募集に関する問合せ先) 内閣府男女共同参画局総務課「男女共同参画週間キャッチフレーズ募集係」
電話:03-5253-2111(代表)
e-mail:gequality-kouhou@cao.go.jp
お問い合せ
市民生活課 男女共同参画係
電話:0157-25-1149

新着一覧

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・しごと

行政・まちづくり

防災