産婦一般健康診査

産後のお母さんのからだとこころの健康状態を確認するため、産後2週間および産後1か月の産婦健康診査の助成を行っています。

 

対象者

受診時において北見市に住民登録のある産婦

 

受診内容

【受診時期と回数】 

 出産後2週間前後および出産後1か月前後 計2回

 ※産後2週間健診は医師が必要と判断した場合に実施されます。

 ※受診票の有効期限は産後8週間以内です。

【内容】

 問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、こころの健康チェック

 ※上記以外の治療や検査、投薬などについては助成対象外です。

受診費用について  

 健診1回につき最大5,000円まで助成いたします。

 ※健診の費用が助成金額を超えた場合の差額分は自己負担になりますので医療機関へお支払いください。 

受診方法

 1)「北見市産婦一般健康診査受診票」と、「母子健康手帳」を必ず持参し、健康診査を実施する医療機関および助産所の窓口に提出し受診してください。

 2)受診の際には「北見市産婦一般健康診査受診票」の太枠内は、事前に受診者の方がご自身で記入して受診してください。

 ※北見市から転出された場合は使用できません。転出先の市町村にお問い合わせください。

 ※北海道内の産科医療機関で受診される場合

   ・北海道が協定を締結した医療機関および助産所で受診することができます。市外の医療機関で受診する場合は、受診票の他に医療機関に提出していただく書類がありますので、お持ちでない方は事前に

    ご連絡ください。

   ・一部受診票を使用できない医療機関、助産所がありますので事前にご確認ください。

 ※北海道外の産科医療機関で受診する場合

   ・申請により、検診1回につき最大5,000円まで払い戻しが受けられます。産婦一般健康診査の最終受診日より3か月以内に、健康推進課または総合支所保健福祉課(健康推進係)で手続きを行ってく

    ださい。申請書をお持ちでない方は事前にご連絡ください。

受診票の配布について

 1)母子健康手帳交付時に受診票を交付します。

   ※前住所で、母子健康手帳交付後に転入された方は受診票を交付いたしますのでご連絡ください。    

 

お問い合わせ

健康推進課
電話:0157-23-8101

健康・福祉

健康

日曜救急当番医・医療機関名

高齢者・介護

地域福祉

障がい福祉

インフルエンザ

新型コロナウイルス