特定不妊治療費助成事業に関する申請

北見市では、特定不妊治療(体外受精および顕微授精)を受けたご夫婦を対象に、経済的な負担の軽減を図るため、その治療に要する費用の一部を助成しています。

対象となる治療

体外受精および顕微授精(以下「特定不妊治療」という。)が対象となります。
ただし、夫婦以外の第三者からの精子、卵子および胚の提供による不妊治療や代理母、借り腹による治療は助成の対象となりません。
男性が精子を精巣または精巣上体から採取するための手術。

対象となる方

初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が43歳未満の夫婦のうち、次の1~3までの全ての要件にあてはまる方です。

  1. 「北海道特定不妊治療費助成事業」による助成の決定を受けた夫婦(事実婚を含む)
  2. 夫婦のいずれか一方が、治療終了時および申請時に市内に住所を有すること
  3. 他の市町村で同じ治療に対して助成を受けていない方

助成額・対象回数

助成額は、治療にかかった費用から「北海道特定不妊治療費助成事業」で受けた助成金を差し引いた額が上限額に満たない場合は、その額となります。

助成の限度額

女性:1回の治療につき5万円まで(初回の治療に限り10万円まで)
男性:1回の治療につき5万円まで

対象範囲・助成回数

妻の年齢が43歳以上の場合、助成対象外となります。
通算助成回数は、初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満の場合は6回、40歳以上の場合は通算3回となります。

助成の手続き

申請は治療が終了した年度内に、まず居住地を所管する北海道(北見保健所)に、原則として1回の治療の終了ごとに申請し、「北海道特定不妊治療費助成事業」の助成決定指令書が届いてから、1か月以内に市に申請してください。

申請方法

次の書類を全て添えて、健康推進課または総合支所保健福祉課へ申請してください。

郵送での申請を希望される場合は事前にご連絡ください。

  • 北海道特定不妊治療費助成事業の「助成決定指令書」の写し
  • 北海道に申請する際に添付した「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」の写し
  • 北見市特定不妊治療費助成交付申請書(様式第1号)
  • 申請者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • 振込先金融機関と口座番号の分かるもの(通帳)

助成金の承認について

申請後、特定不妊治療費の助成について承認した場合、「北見市特定不妊治療費助成決定通知書」を申請者宛てに普通郵便で郵送します。
その後、指定された口座に助成金を振り込みます。
申請書の受付から助成金の振り込みまでは、約1~2か月かかる場合があります。

問い合わせ先
北見市保健福祉部健康推進課   電話0157-23-8101
北見市端野総合支所保健福祉課  電話0157-56-4005
北見市常呂総合支所保健福祉課  電話0152-54-2114
北見市留辺蘂総合支所保健福祉課 電話0157-42-2426
よくある質問のページへ

健康・福祉

健康

日曜救急当番医・医療機関名

高齢者・介護

地域福祉

障がい福祉

インフルエンザ

新型コロナウイルス