弾道ミサイル落下時の行動と情報伝達システム

弾道ミサイル落下時の行動

弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。
ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音と共にメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。
行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。

  1. 速やかな避難行動
  2. 正確かつ迅速な情報収集

以下、Jアラートの例です。

Jアラートの例:直ちに避難。直ちに避難。直ちに建物の中、又は地下に避難してください。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに避難してください。

Jアラートが流れたら、落ち着いて、直ちに行動してください。

  • 屋外にいる場合:近くの建物の中か地下に避難
  • 建物がない場合:物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る
  • 屋内にいる場合:窓から離れるか、窓のない部屋に移動する

建物に避難する場合、できれば頑丈な建物が望ましいものの、近くになければ、それ以外の建物でも構いません。

近くにミサイルが落下した場合は、下記のとおり行動してください。

  • 屋外にいる場合:口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する
  • 屋内にいる場合:換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、下記リンク先に掲載されておりますので、お知らせします。

内閣官房国民保護ポータルサイト

北海道庁公式ホームページ

弾道ミサイルに係る全国瞬時警報システム(Jアラート)

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合、全国瞬時警報システム(Jアラート)により、国からミサイル発射の警報が瞬時に伝達されます。

総務省消防庁

内閣官房国民保護ポータルサイト

「エリアメール・緊急速報メール」対応機種の確認方法

全国瞬時警報システム(Jアラート)により、携帯電話・スマートフォンに弾道ミサイルの発射情報や避難を呼びかける内容のメール(以下、「エリアメール・緊急速報メール」)が配信されることとなっています。
(※「エリアメール・緊急速報メール」は、登録手続なく、対象地域の携帯電話・スマートフォンに一律配信されることとなっています。)
携帯電話・スマートフォンのほとんどが、「エリアメール・緊急速報メール」を受信できますが、一部受信できないものがあります。
お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認方法等については、下記リンクをご覧ください。

メール配信システム「メール@きたみ」

メール配信システム「メール@きたみ」は、災害時における災害状況等の緊急情報、除雪情報、くらしの情報、イベント情報などのさまざまな情報から、希望する情報を配信するサービスです(ただし、緊急情報は、登録いただいた全ての方に配信いたします。)。
このサービスは、メールを受信できるパソコン、または携帯電話をお持ちの方であれば、受信できますのでぜひご登録ください。

消防サイレン

弾道ミサイルが飛来する可能性がある場合、消防団詰所などに設置のサイレン(28箇所)を60秒間1回鳴らします。

北見自治区(8箇所) 東相内・相内・豊田・上常呂・仁頃・上仁頃・富里・富里ダム
端野自治区(11箇所) 消防署端野支署・緋牛内・一区・端野・三区・川向・協和・忠志・豊実(2箇所)・北登
常呂自治区(4箇所) 消防署常呂支署・栄浦・豊川・日吉
留辺蘂自治区(5箇所) 消防署留辺蘂支署・仲町・温根湯温泉・大和・瑞穂

外国人向け災害情報提供アプリ「Safety tips」

Jアラートにより配信される弾道ミサイル発射等の国民保護情報を「Safety tips」により多言語で配信します。
対応言語:英語、中国語(簡体字/繁体字)、韓国語、日本語
「Safety tips」の基本機能、ダウンロード方法など詳細は下記のページをご覧ください。

内閣官房国民保護ポータルサイト

内閣官房が開設している国民保護に関する総合情報サイトです。
国民保護に関する最新情報もこちらのサイトで確認できます。

ミサイル落下時の、政府の対応状況

ミサイル落下時の政府の対応状況を、下記のリンクからご覧いただけます。

お問い合わせ
防災危機管理課
電話:0157-25-1171
E-Mail:bosai@city.kitami.lg.jp