北見市の農業の概況

本紙は、北海道東部に位置し、オホーツク圏域の中核都市として、産業・経済、医療、教育などのさまざまな分野での機能が集積しています。
市域は東西に長く、北見自治区、端野自治区、常呂自治区、留辺蘂自治区の4つの自治区で形成されています。
東は、オホーツク海とサロマ湖、西は大雪山国立公園に面し、面積は1,427.41㎢、香川県の約76%、東京都の約65%にあたる広さで道内の市町村で最も広い面積を有しています。
気温は、最低気温が氷点下20℃以下となる日が続くこともあります。
また、降水量は年間800mm、最深積雪は約70cmと北海道では比較的少ない地域で、年間を通して晴天に恵まれる日が多く、国内での日照時間が長い地域ともなっています。

北見自治区 一戸当たり平均経営面積が約18haと本市では比較的小規模な経営体が中心。畑作3品(小麦、馬鈴しょ、てん菜)をはじめ、玉ねぎを中心とした野菜、水稲、畜産、果樹などのとような経営形態が見られます。
端野自治区 1戸当たり平均経営面積が約24haと本市の平均的な経営体の構成。畑作3品と水稲、玉ねぎが中心ですが、チコリ、シソ、醸造用ブドウなどの作付けも行われています。
常呂自治区 1戸当たり平均経営面積が約31haと大規模な経営体の構成。畑作3品が中心ですが、玉ねぎ、在来種のピンクにんにく、小豆、かぼちゃなどの作付けも行われています。
留辺蘂自治区 傾斜地の多い中山間地域ですが、1戸当たり平均経営面積が約31haと大規模な経営体の構成。畑作3品を中心に、白花豆や白菜・レタスなどの作付けも行われています。
お問い合わせ先
農林水産部農政課農政係
住所:北見市大通西3丁目1番地1 本庁舎5階
電話:0157-25-1142
ファクシミリ:0157-25-1181
メール:nosei@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

産業・しごと

農業・林業

水産業

商業・サービス業

雇用・労働

企業支援・企業立地

建物・住まい

土地

新エネルギー

農業委員会