北見未来創発プロジェクト

北見未来創発プロジェクトとは?

個人では解決が難しいビジネスや地域の課題を、人と人がつながることでイノベーションを生み、地域に根差したビジネスプランを創出することで、北見の未来、企業の未来を創発していくプロジェクトです。参加者のコラボレーション企画をサポート機関がバックアップすることで、新たなビジネスモデルやソーシャルイノベーションを加速します。

北見市の現状と課題
  1. 人口減少に伴い、事業所数、従業者数が減少し、市場規模が縮小。 地域経済自体の縮小が見込まれる。
  2. 新型コロナウイルス、原材料の価格高騰等の影響により、中小企業者の利益が縮小。収益力改善につながる取組が必要。
北見市に今必要とされること・・・
  1. 「稼ぐ力」の向上と「稼ぎ手」の増加に資する展開施策が必要である。
  2. 人口減少の緩和、または、人口減少に適応した地域づくりが必要である。
  3. 雇用の創出、関係人口の増加が必要である。
当該プロジェクトの目指すものとは・・・
  1. 地域に根差したビジネス、地域から必要とされるビジネスを創発し、「稼ぐ力」の向上(収益力UP)、「稼ぎ手」の増加(雇用の創出)を目指す。
  2. 事業者と事業者のマッチング(地域の活性化)、または、事業者と協力者のマッチング(関係人口の増加)などにより新たなビジネスに繋げる。
その後の展望

・地域課題の解決とビジネスの両立(地域と企業がWIN-WINの関係性へ(CSV))。
⇒地域課題を解決することが新しい仕事を生み出す。
⇒地域の活性化、企業収益の増加、雇用の創出につながる。
  
・大きなビジネスを1つ創出するよりも地域に根差した小さなビジネスを数多く創出。
⇒地域が生き残るため、地域で「稼ぐ」プレーヤーが生まれる。
⇒地域の魅力、付加価値、稼ぐ力、雇用、移住者の増加につながる。

サポート機関

当該プロジェクトは、産学官金の協力・連携による運営を行います。

サポート機関 北見信用金庫
日本政策金融公庫(北見支店)
北見工業大学(社会連携推進センター)
学校法人栗原学園
北見商工会議所
留辺蘂商工会議所
きたみ市商工会
北海道財務局
参加者の募集について

現在、鋭意募集中で締切が7月20日(木)となっております。

昨年度の開催状況について

当プロジェクトは昨年度にも北見未来創発プロジェクト第1期として開催され、たくさんのビジネスプランが発案されました。

お問い合わせ
商工業振興課 中小企業係
電話:0157-25-1148
Fax:0157-26-2712
E-Mail:shoko@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

産業・しごと

農業・林業

水産業

商業・サービス業

雇用・労働

企業支援・企業立地

建物・住まい

土地

農業委員会