北見市の担い手支援

北見市の農業

本市は、大雪山の麓からオホーツク海沿岸までの広範囲にわたる地域の中で太陽と豊かな大地の恵みを受けて、稲作や畑作(麦類・馬鈴しょ・てん菜・豆類など)、玉ねぎを中心とした野菜などの園芸等による多様な経営が行われています。

農業従事者に係る課題と支援

農業従事者の高齢化や後継者不足による離農が進んでいる現状にあり、新たな担い手の確保等が喫緊の課題です。
しかし、新たに農業を始めようとする場合、初期投資が多額であることや、農業経営技術・栽培技術が未熟であるため十分な収入を得にくいなど、農業参入自体が難しいものとなっています。
そこで、本市では、農業参入による就農を行う方に対し、以下の支援を行っています。

1.農業研修生受入推進事業

支援対象者 農業・農村に関心を持ち、短期研修(原則として1か月以上3か月以内)の可能な独身男女とする。ただし学生及びおおむね45歳以上の者を除く。
事業内容 農業研修生に対し、研修期間中の生活費の一部として日額2,500円とし月額62,500円を上限とする。

2.新規参入就農支援事業

支援対象者 (1)~(3)を全て満たす者。
(1)市内に居住し、青年等就農計画に基づく認定を受けている者。
(2)おおむね2年間の研修を終え、市内で農地を確保し就農した者。(ただし、親族から農地及び経営を譲り受け方は対象外。)
(3)就農時の年齢が20歳以上46歳未満の者。
事業内容
新規参入就農支援事業
経営を開始したときから、毎月62,500円を24ヶ月を限度に補助する。
事業内容
経営開始農地借上支援事業
経営開始に伴い賃借した農地の借上料の2分の1を1年につき20万円を限度に、経営開始したときから最長5年間補助する。
事業内容
経営開始農業施設借上支援事業
経営開始に伴い賃借した農業機械・施設等に対し借上料の2分の1を1年につき20万円を限度に、経営を開始したときから最長5年間補助する。
お問い合わせ先
農林水産部農政課農政係
住所:北見市大通西3丁目1番地1 本庁舎5階
電話:0157-25-1142
ファクシミリ:0157-25-1181
メール:nosei@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

産業・しごと

農業・林業

水産業

商業・サービス業

雇用・労働

企業支援・企業立地

建物・住まい

土地

新エネルギー

農業委員会