手足口病とは

手足口病とは

学童以上の年齢層の大半は、すでにこれらのウイルスの感染(不顕性感染も含む)を受けている場合が多いので、成人での発症はあまりなく主に乳幼児が罹る病気です。 ほとんどの場合、軽い症状だけで治ってしまう感染症で、主な症状としては、ウイルスの感染によって口の中や、手足などに水疱性の発疹が出きる感染症で、夏に流行する夏かぜの一種です。 基本的には予後の良好な疾患で、ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気ですが、頭痛、嘔吐、高熱、2日以上続く場合には、まれに中枢神経形の合併症(髄膜炎、脳炎など)が出ることがあるので注意をする必要があります。 感染症発生動向調査によると、例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。

手足口病の予防
●今のところ、手足口病に有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬はありません。
●感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。
●主な予防対策としてはマスク・手洗いが有効とされています。
なお、手洗いをする際は、流水と石けんで十分に行い、手を拭くタオルなどの共用はしないでください。
●また、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員と子ども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。
●その他には、おもちゃなどの口に入る器具や食器にも注意が必要です。
●特におむつ交換する際は、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。
お問い合わせ
保健福祉部健康推進課
電話:0157-23-8101
メール:kenko@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

健康・福祉

健康

日曜救急当番医・医療機関名

高齢者・介護

地域福祉

障がい福祉

インフルエンザ

新型コロナウイルス