日本脳炎定期予防接種

日本脳炎ワクチンの供給不足に関するお知らせ

厚生労働省より、令和3年1月15日付けで、日本脳炎ワクチンの供給量について通知が発出されました。
日本脳炎ワクチンの製造上の問題が生じたことから、その原因究明のため製造を一時停止したことにより、ワクチンの供給量に影響が生じ、出荷量の調整が行われます。
現在、製造は再開されていますが、令和3年度については日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少します。
そのため、北見市においては、供給が安定するまでの間(令和3年12月頃まで)、定期接種として接種が受けられる年齢の上限が近づいている方を優先対象者とすることとしました。
優先対象者以外の定期接種者の方については、ワクチンの供給が安定するまで接種を延ばしていただきますよう、お願いいたします。
なお、令和3年度個別案内を予定していた方(小学校4年生の方、高校3年生相当の方)につきましては、令和4年度に改めて個別案内をいたします。
また、令和3年度に3歳になる方につきましては、ワクチンの供給が安定したころ(令和4年1月以降)に個別案内をいたします。
みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

日本脳炎とは?

日本脳炎ウイルスの感染で起こります。ヒトから直接ではなくブタなどの体内で増えたウイルスが蚊によって媒介され感染します。ヒトからヒトへの感染はありません。
7~10日の潜伏期間の後、高熱、頭痛、おう吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。感染者のうち100~1,000人に1人が脳炎等を発症しますが、髄膜炎や夏かぜ様の症状で終わる人もいます。
脳炎にかかった時の死亡率は約20~40%ですが、神経の後遺症を残す人が多くいます。
流行は西日本地域が中心ですが、ウイルスは北海道など一部を除く日本全体に分布しています。予防接種の普及などで発生は減少していますが、最近では予防接種を受けていない高齢者を中心に発生しています。

定期接種対象者、接種スケジュール

※生年月日により接種期間、接種間隔が異なりますのでご注意ください。

平成21年10月2日以降に生まれた方

1期対象者 生後6か月から生後90か月未満
2期対象者 9歳以上13歳未満
接種回数 4回
1期初回(1回目・2回目) 3歳から4歳までに6日から28日までの間隔をおいて2回接種
1追加接種(3回目) 初回接種(2回)終了後、6か月以上おおむね1年を経過した時期に1回接種
2期 9歳以上13歳未満に1回接種(小学校4年生になりましたら個別案内をします)

《お願い》
平成28年4月2日以降に生まれた方については、3歳のお誕生日を迎えましたら「予防接種のしおり」を使用して接種してください

《注意事項》
・生後90か月(7歳6か月)以上9歳未満で接種した場合、13歳以上で接種した場合は任意接種(有料)となります
・生後90か月(7歳6か月)までに1期(初回接種、追加接種)が完了しなかった場合、残りの回数を2期の期間に接種することはできません(任意接種として有料で接種することはできます)

平成19年4月2日から平成21年10月1日までの間に生まれた方(実施規則附則第2条による予防接種の特例)

1期対象者 生後6か月から生後90か月未満または9歳以上13歳未満
2期対象者 9歳以上13歳未満
接種回数 4回
1期初回(1回目・2回目) 6日から28日までの間隔をおいて2回接種
1追加接種(3回目) 初回接種(2回)終了後、6か月以上おおむね1年を経過した時期に1回接種
2期 9歳から13歳未満までに、1期終了後、6日以上(おおむね5年以上の間隔をあけることが望ましい)の間隔をおいて1回接種

《注意事項》
・生後90か月(7歳6か月)までに1期(初回接種、追加接種)が完了しなかった場合、残りの回数を9歳以上13歳未満で接種することができます
・生後90か月(7歳6か月)以上9歳未満で接種した場合、13歳以上で接種した場合は任意接種(有料)となります

平成19年4月1日以前に生まれた方で20歳未満の方(実施規則附則第3条による予防接種の特例)

1期対象者 20歳未満
2期対象者 20歳未満
(高校3年生相当の年齢になりましたら個別案内をします)
接種回数 4回
1期初回(1回目・2回目) 6日から28日までの間隔をおいて2回接種
1追加接種(3回目) 初回接種(2回)終了後、6か月以上おおむね1年を経過した時期に1回接種
2期 1期終了後、6日以上(おおむね5年以上の間隔をあけることが望ましい)の間隔をおいて1回接種

《注意事項》
・20歳以上で接種した場合は任意接種(有料)となります

個別接種指定医療機関(2021年4月現在)

  • 事前に予約が必要な場合もありますので、直接医療機関にお問い合わせください
  • 予防接種を受ける時は、母子健康手帳、予診票、健康保険証等をお持ちください
  • 予防接種については、接種の効果や副反応などの内容を理解し、納得された上で接種してください
  • 接種には、保護者の同伴および接種の同意が必要です
  • 13歳以上で保護者が同伴できない場合には、保護者の署名のある同意書と予診票、母子健康手帳等を持参してください

予防接種の副反応

予防接種後健康状況調査(厚生労働省)の集計によれば、37.5℃以上の発熱は、1期初回の翌日に最も多く、接種した部位の腫れなどの局所反応も接種翌日が比較的多く、回数では2期での発生が最も多くなります。

お問い合わせ先

北見市保健福祉部健康推進課 北見市北6条西2丁目(保健センター内)
TEL:0157-23-8101
端野総合支所保健福祉課 北見市端野町二区471番地1
TEL:0157-56-4005
常呂総合支所保健福祉課 北見市常呂町字常呂323番地
TEL:0152-54-2114
留辺蘂総合支所保健福祉課 北見市留辺蘂町上町61番地
TEL:0157-42-2426

健康・福祉

健康

日曜救急当番医・医療機関名

高齢者・介護

地域福祉

障がい福祉

インフルエンザ

新型コロナウイルス