希望をかなえるヘルプカード

希望をかなえるヘルプカードとは

希望をかなえるヘルプカード(略称:希望のカード)とは、認知症の人や障がいのある人など支援の必要な方が、望むことや周りの人に分かってほしいこと、お願いしたいことを書いて外出時に持参し、必要な場面で見せるにより、安心・安全・スムーズに外出をしたり、緊急時にも役立つカードです。
まだまだ元気だからカードは必要ないという方も、自分にあったカードを作り使い慣れておくと後々とても役立ちます。これから支援が必要になるかもしれない人も、暮らしやすい日々のために自分のカードを作ってみませんか。
このカードは名刺サイズの大きさですので、お財布やカバンに入れたり、ネームホルダーに入れるなどして持ち歩くことができます。

用途とメリット

●外見から気づいてもらいにくいことをカードで伝えられる。
●望んでいることや不安に思っていること、伝えたいことをわかってもらえる。
●自分が忘れていても、カードを見せて伝えられる。
●普段から持っておくと、緊急時(道に迷ったときなど)や災害時に役立つ。
●本人が望む社会参加を続け、元気に暮らし続けることができる。

記入例

●道に迷うことがあります。家までの道を教えてください。
●私は認知症です。手続きや機械の操作に時間がかかることがありますのでご協力お願いします。
●セルフレジで支払いたいです。操作方法を教えてください。

カードの配布場所、入手方法

希望をかなえるヘルプカードは、市役所の各相談窓口(本庁にある介護福祉課または障がい福祉課窓口、各総合支所保健福祉課窓口)や、北見市が業務委託している高齢者相談支援センター(地域包括支援センター)、障がい者相談支援センターなどで受け取ることができます。カードを使用するにあたり、記載の仕方について等相談をすることもできます。
これら相談窓口やセンターでは下記のチラシをお渡しいたします。チラシの下部がヘルプカードになっていますので、切り取ってご使用ください。
また、用途に合わせてたくさん作りたい、自分オリジナルのカードを作りたいという方は、下記のチラシやひな形のデータをダウンロード、印刷してご使用ください。

お問い合わせ
保健福祉部
地域包括ケア推進担当
保健福祉部介護福祉課
介護予防係
電話:0157-25-1144
FAX:0157-26-6323
メール:kaigo@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

健康・福祉

新型コロナウイルス

健康

日曜救急当番医・医療機関名

高齢者・介護

地域福祉

障がい福祉

インフルエンザ