「ところ遺跡の森」便り:遺跡の館展示品紹介

オホーツク文化の釣り針

オホーツク文化の釣針

 

 平成27年3月14日、ところ遺跡の森では骨角器作り体験教室を実施し、多数の市民の方のご参加をいただきました。

 人類が作った道具で最も古い歴史をもつ石器は300万年以上前から使われていたとされていますが、動物の骨や角で作った道具である骨角器はこれに次ぐ歴史があり、アフリカでは150万年くらい前にはすでに使われていたとされています。

 こうした骨角器は常呂の遺跡でも数多く見つかっています。数千年前の縄文時代のものもありますが、最もよく見つかっているのは約千年前のオホーツク文化のものです。今回写真を載せたのはその1つ、骨製の釣針です。なかなか完全な形では見つからず、写真のものも欠損しているのですが、本来は「U」字形をしていました。実物は非常に大きく、写真右のもので長さ約16cmもあります。オホーツク海にはオヒョウという体長1~2m以上になるカレイの仲間がおり、こうした巨大魚を獲ったものと推測されています。常呂に住んだ人々が大昔から海の幸に恵まれていたことを示す証拠の1つです。(2015年4月)

大昔の「考古学者」?

 常呂では古くから遺跡の存在が知られており、早くも明治時代には発掘調査も行われています。一方、遺跡を残した大昔の人も、自分よりさらに昔から人が住んでいたということは知っていたようです。

 常呂には7~9世紀頃にオホーツク文化の遺跡が残されており、竪穴住居の跡も多数見つかっています。オホーツク人の住居には、狩で獲った動物をまつる「骨塚」と呼ばれる祭壇(さいだん)がありました。実はこの「骨塚」から、オホーツク人より昔の土器が見つかることがあります。

 下の写真は約4500年前に作られた縄文土器ですが、オホーツク人の住居の「骨塚」に置かれたヒグマの骨などと一緒に見つかりました。この住居は縄文時代から人が住んでいた場所に建っていましたので、地面を掘ったときなどに偶然見つけたと思われます。オホーツク人が自分より3000年以上前の土器をたまたま「発掘」し、大事に家の中に置いていたわけです。もちろんどれほど古いかまでは知らなかったでしょうが、古いものを拾ってきて大切にする点では「考古学者」のはしりと言えるかもしれません。(2015年12月)

オホーツク人の住居で見つかった縄文土器

オホーツク人の住居で見つかった縄文土器

土器と一緒に見つかったヒグマの骨の一部

土器と一緒に見つかったヒグマの骨の一部

刀の鍔と模造品(アイヌ文化)

 遺跡からは用途がよく分からないものが見つかることがあります。今回は遺跡の館の展示品の中から、そうした少し不思議なものをご紹介します。

 写真右は刀の鍔(つば)の模造品です。割れて半分くらいが残っています。北見市常呂町栄浦地区のライトコロ川口遺跡で見つかったもので、14~15世紀頃、アイヌ文化のものと考えられています。素材は石で、本物の鍔と比べるとサイズが小さく、実際に刀に装着するものではなさそうです。常呂町岐阜地区のST-04遺跡では本物の刀の鍔が見つかっていますが(写真左)、模造品も元はこれに似た形だったと推定されます。

 なぜこのようなものが作られたのか、はっきりとは分かりませんが、次のようなことが想像できます。アイヌの人々にとって、刀は単なる武器ではなく、霊力のある宝器でもありました。刀の鍔だけでも災いを退ける力があると信じられており、護身用として首飾りに使うこともあったようです。ただ、本物の鍔は高価な貴重品でした。このため、本物に代わって霊力を発揮することを期待して作られたのが石製の模造品だったのではないかと考えられます。小さくあまり目立たない展示品ですが、色々な願いを負って作られたものだったのかもしれません。(2016年12月)

刀の鍔(ST-04遺跡出土)

刀の鍔(ST-04遺跡出土)

鍔の模造品(ライトコロ川口遺跡)

鍔の模造品(ライトコロ川口遺跡)

常呂で発見された昔のお金

 斜里町の遺跡で8世紀の日本で発行されたお金「神功開宝(じんぐうかいほう)」が出土したことが報じられました。日本の古代のお金が発見されたのは、オホーツク地域では初めてのことです。ただし、開拓以前の北海道では基本的にお金を使う文化がなく、物々交換が行われていました。この神功開宝を手にした人も、その価値は分からなかったのではないかと言われています。

 そうした状況でも、特に14世紀以降のアイヌ文化の遺跡では、お金がしばしば発見されています。常呂の遺跡でも「永楽通宝(えいらくつうほう)」や「元豊通宝(げんぽうつうほう)」(写真)など、中国で造られたお金が見つかっています。アイヌの人々はこうしたお金を装身具の一部などとして使っていました。

 このうち元豊通宝は11世紀後半に造られたものです。中国では輸出用に古い時代のお金が多く使われたため、発行から年数の経ったお金も大量に日本に入ってきていたようです。この元豊通宝も発行から数百年後に常呂へ持ち込まれた可能性が高いと思われます。常呂が東アジアをめぐる交易網の一端にあったことを物語る貴重な資料と言えるものです。(2017年1月)

元豊通宝

常呂町岐阜地区発見の「元豊通宝」。文字は篆書(てんしょ)という特殊な書体が使われたもので、上・右・下・左の順に読む。

須恵器(すえき)のお話

 ところ遺跡の館の展示資料のうち、一風変わった土器があります。擦文時代(約1,000年前)のコーナーにある須恵器(すえき)という土器です。
 展示室にある他の土器とくらべると、灰色で硬く焼きしまっているという特徴があります。この特徴は窯の中で焼かれたことを示しています。
 須恵器はその製作技術を含め、朝鮮半島から日本におよそ1,500~1,600年前に伝わりました。東日本における須恵器を焼く技術は、およそ900~1,000年前に青森県まで伝わると、北海道へはやってきませんでした。
 展示室にある須恵器も分析の結果、青森県五所川原窯跡群(あおもりけんごしょがわらようせきぐん)で作られた須恵器と判明しました。おそらくお酒のような液体を入れたと考えられる須恵器ですが、常呂まで運んだことを考えると苦労が偲ばれます。(2017年9月)

須恵器

展示されている須恵器

続縄文時代のお墓のお話(常呂川河口遺跡ピット700出土資料)

 みなさんは続縄文時代(約2,000年前)という時代を聞いたことはあるでしょうか。

 本州では弥生時代・古墳時代と同じ頃に、主に北海道を中心にみられる縄文文化の生活スタイルなどを続けたため続縄文時代あるいは文化としています。

 では、本州と関わりがなかったかというと、そうではありません。

 下の写真のガラス玉は常呂川河口遺跡のピット700という続縄文時代のお墓からみつかりました。この時代のガラス玉は主に輸入したものか本州で作られたものに限られます。

 また、お墓からは後北(こうほく)C2D(シーツーディー)式土器という、主に道央で使われていた土器と一緒に納められていました。ほかに同時期のお墓から鉄製品がみつかっています。

 この頃の続縄文時代の人たちは、直接かどうかは不明ですが交易や交流によって手に入れた珍しいものをお墓にいれていたと考えられます。(2018年4月)

ピット700出土 ガラス玉

【ピット700出土 ガラス玉】

炭になった資料について

 今回は展示案内の際によく聞かれる質問として炭になった資料についてお話いたします。

 下の写真はご存知の方も多いと思いますが、オホーツク文化貼付文期(約1,100年前)のフクロウの彫刻です。これは元々木製の彫刻でしたが、火災に巻き込まれたことで炭になっています。単に炭化物といいますが、炭化したことで900年近く形を保ち続けています。植物などの有機物のままでは腐って分解されてしまいますが炭化することで無機物に限りなく近い状態になり長期間形を残します。無機物になれば腐って分解されることはありませんが炭化物が完全な形で出土することはまれで、写真のフクロウ彫刻も出土した時には下側部分は無く、どのような道具であったのかは不明です。また、炭化物になっても部分的に有機質があれば腐りますし、蒸し焼きではなく燃焼すれば灰になり、水に長期間触れていれば崩れて泥炭のようになります。出土後の保存処理を忘れてもバラバラに崩れていきます。

 石器や土器と違い派手さはありませんが貴重な資料のため博物館で炭化物を見る機会がありましたら、ぜひ注目してみてください。(2018年12月)

常呂川河口遺跡15号竪穴住居出土フクロウ彫刻付柄

常呂川河口遺跡15号竪穴住居出土フクロウ彫刻付柄(正面)

常呂川河口遺跡15号竪穴住居出土フクロウ彫刻付柄

常呂川河口遺跡15号竪穴住居出土フクロウ彫刻付柄(側面)

首飾りの作り方

 大昔の人々はしばしば石に穴を開けて首飾りなどのアクセサリーを作っています。常呂でも、約2500年前(縄文時代の終わり頃)の遺跡からヒスイ製の首飾りが見つかっています。

 首飾りには通常、ヒモを通すための穴が開けられています。ヒスイは宝石の中では硬くないほうですが、鉄製のナイフ程度では簡単に傷が付かないくらいの硬さがあります。現在では鋼鉄のドリルを使えば容易に加工できますが、縄文時代にはそのような便利な道具はありません。

 ではどうやって穴を開けたのでしょうか。一般には次のような方法が考えられています。研磨剤として砂をかませ、そこに木や竹の棒の先を当てて回転させるというものです。砂で削られ、少しずつ穴が開いていくことになります。実際に穴の中をよく観察すると、穴の内側に何かを回転させたような同心円状の傷が残っていることがあります。

 石の硬さや大きさにもよりますが、穴を開けるだけで何十時間もかかったはずです。小さな首飾りも、大変な労力と工夫によって作られていたわけです。(2019年5月)

縄文時代晩期のヒスイ製勾玉

縄文時代晩期のヒスイ製勾玉(実物の大きさ:右の長さが約3cm)

「ところ遺跡の森」の関連ページ

お問い合わせ
北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森
郵便番号:093-0216
住所:北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538
よくある質問のページへ

教育・文化

教育委員会

スポーツ

青少年

生涯学習

学校教育

文化施設

姉妹友好都市・国際交流

歴史・風土

講座・催し

図書館