ところ遺跡の森:復元竪穴住居・建て替え工事実施中

 遺跡の森では、遺跡内に残る竪穴住居跡に基づいて、実際の位置・大きさの竪穴住居の復元建物を展示公開してきました。 これらの復元竪穴住居は木造・茅葺き・掘立て柱の建物のため、建築から20年以上経過すると老朽化が目立ってきていました。そこで、平成28(2016)年度から老朽化した復元建物の建て替え工事を順次行っています。平成29(2017)年に完成した擦文時代の復元竪穴住居につづき、令和元(2019)年には続縄文時代の復元竪穴住居1棟の建て替えを行いました。
 令和2・3年度はもう1棟の擦文時代の復元竪穴住居について、建て替え工事を行っています。

【現在工事中!】擦文時代の復元竪穴住居(2号住居・擦文の村)

 令和2(2020)年に古い復元建物の解体撤去を行い、令和3(2021)年に新しい復元建物の建築を行います。6月末の完成を予定しています。

建替え工事開始前の様子
【4月6日・建替え工事開始前の様子】

 古い復元建物が解体撤去された後の状態です。建物があった場所が四角い穴になっています。この場所に新しい建物を建てることになります。

工事が始まり、竪穴のまわりに壁板が設置された様子。
【5月6日】竪穴のまわりに土留めとなる壁板が設置されました。
屋根を支える4本の柱が立ち、柱の間に梁材がわたされた様子
【5月8日】屋根を支える4本の柱が立ち、柱の間に梁材がわたされました。

これまでに建て替えが完了した復元竪穴住居

続縄文時代の復元竪穴住居(6号住居・続縄文の村)

 平成30(2018)年に古い復元建物の撤去と土台の準備工事から開始し、令和元(2019)年に完成しました。続縄文時代前半、1~2世紀ころの竪穴住居の建物を復元したものです。

続縄文時代の復元竪穴住居(6号住居・続縄文の村)
▲楕円形の平面プランで、突出した出入口をもつ竪穴住居の建物を復元しています。

擦文時代の復元竪穴住居(1号住居・擦文の村)

 「擦文の村」内に建てられている復元住居のうち1棟の建替えが平成29(2017)年に完了しました。擦文時代後半、11~12世紀ころに建てられた大型の竪穴住居の建物を復元したものです。

擦文時代の復元竪穴住居(1号住居・擦文の村)
▲平面プランは約10m四方の正方形です。遺跡の森内では最大の竪穴住居で、迫力ある建物となっています。

「ところ遺跡の森」の関連ページ

お問い合わせ
北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森
郵便番号:093-0216
住所:北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538

教育・文化

教育委員会

スポーツ

青少年

生涯学習

学校教育

文化施設

姉妹友好都市・国際交流

歴史・風土

講座・催し

図書館