「ところ遺跡の森」便り:遺跡の森とその周辺

ところ遺跡の森 住居跡のくぼみについて

 ところ遺跡の森では、史跡整備事業として擦文の村にある復元竪穴住居の再建が行われています。

 その周囲には四角形のくぼみがありますが、これが約1,000年前の家の跡です。

 竪穴住居は地面を掘りくぼめて建てるため、時代によって円形や四角形などの窪みとして現在でも地表からその痕跡を確認することができます。

 北海道では気候や樹種の関係から数千年前の家の跡も埋まりきらないことがあるのです。

 また、堀くぼめた場所は固く締まった粘土層まで達しているため、写真のように雨水や雪解け水が溜まることもしばしばあります(写真の白線内が溜まった雨水)。

 ある意味人口の溜め池となる竪穴の窪みですが、竪穴内は周囲と異なる環境になるため樹木が根を伸ばしにくかったり、草花も成長する種類が制限されたり、竪穴内が一つの生態系を形づくります。

 雨が降った後は竪穴を見てみると新しい発見があるかもしれません。(2017年7月)

住居跡のくぼみ

擦文時代の竈(カマド)

 2017(平成29)年11月1日よりところ遺跡の森の擦文時代(1,000年前)の復元竪穴住居(1号竪穴住居)がリニューアルしてから、来訪者のみなさまより多くの質問が寄せられましたので、その中で一番多かったカマドについてご紹介します。

 カマドは、4世紀末~5世紀初頭に朝鮮半島から日本に伝わった調理施設です。日本ではおよそ奈良時代末から平安時代初頭まで住居に備え付けられていました。

 また、カマドに「竈神」(カマドガミ)を祀る風習も日本に伝わったとされ、古墳~奈良時代の本州では住居を廃棄する際にカマドにお供え用の土器を入れるなど儀式を行っていたようです。

 本州のカマドには煮炊きに使うため土器を引っ掛ける口が、お米用と汁物用(おかず用)の二口あるなど北海道のカマドとは装いが異なります。

 北海道のカマドは一口のもので、1辺が10mを超える大型の住居では2つのカマドがみつかることがあります。

 カマドの焚口(火を焚く場所)をみると、どれくらい頻繁に使用していたかがわかりますが、2つのカマドを同じ時期に使っていた可能性は低いと考えられています。

 ところ遺跡の森の1号竪穴住居は発掘調査で2つのカマドがみつかったため復元した住居内に2つカマドがあります。実際に煮炊きすることはできませんが、この機会にぜひ見に来てください。見学の際は1号竪穴住居の中は暗いので足元に注意してください。皆様のお越しをお待ちしております。(2018年3月)

1号竪穴住居内のカマド(写真左手前と右奥)
1号竪穴住居内のカマド(写真左手前と右奥)

ところ遺跡の森 住居跡のくぼみについて その2

 北見市常呂には史跡常呂遺跡と呼ばれる国指定史跡が点在しています。史跡常呂遺跡の大部分は総計2,700基以上の竪穴住居のくぼみが占めており、

独特な景観としてかつてこの地多くの人が居住していたことを物語っています。

 竪穴住居は時代や文化によって異なる形の家をたてていたため、くぼみの形をみればおおよその時代がわかります。写真のくぼみはほぼ四角の形をしているため擦文文化の住居(約1,000~800年前)の可能性が高い。という風に判断できます。

 では、なぜ1,000年近く前の竪穴住居がいまだに埋まりきっていないのでしょうか。

 写真をもう一度見ていただくとくぼみの中に落ち葉が溜まっています。本州などでは微生物が落ち葉を分解して腐葉土を形成しますが、北海道では気温が低く雪が積もっていくためなかなか分解されません。さらにくぼみにはよく水が溜まることから余計に腐葉土が形成されにくいのです。

 写真を一見すると毎年かなりの量の落ち葉が竪穴住居に溜まり、腐葉土になるように思えますが、実際には腐葉土になるまでにはかなりの年月がかかります。

 史跡常呂遺跡の竪穴住居は、ところ遺跡の森と栄浦第二遺跡で見ることができます。3月~4月の住居のくぼみの残雪が有名ですが、それ以外の季節や天候にも味わい深い景観がありますのでぜひお越しください。(2018年9月)

住居跡のくぼみについて その2

浜辺の窪みと砂丘

 常呂で窪みと聞いたらピンとくる方はすぐに竪穴住居が思い浮かぶかもしれません。では、下の写真の窪みは何かわかりますか?

 右上にオホーツク海が見切れていることから浜辺の写真で、海岸線に沿うようにポコポコと穴が続いているのが分かるでしょうか。1つの穴は直径1mくらいと小さく竪穴住居ではないことがわかります。

 これは流氷の一部が浜辺に打ち上げられ、潮汐によってたまった砂と海水が流氷のヒビなどを広げ丸く削り、最後に丸い流氷塊が溶けることで丸い窪みになったものです。

 タネがわかれば単なる季節の風景の一部ですが、短い期間に破片とはいえ流氷を飲み込むほどの砂が波によって運ばれているのです。

 史跡常呂遺跡の大部分を形成する砂丘もこうした自然現象により形づくられていることを考えると自然の力強さに圧倒されますね。(2019年4月)

浜辺の窪み

サロマ湖の旧湖口

 3月は暖かい日もあったことから、急な雪解けであちこちの川が増水していました。釧路川流域では洪水のおそれが出たため避難指示が出たところもあったようです。

 春先の増水は、昔の人にとっても無縁ではありませんでした。現在、サロマ湖は人工的に切り開いた2か所の湖口で海とつながっています。しかし、かつてはサロマ湖の東端付近、鐺沸〔とうふつ、鐺は金へんに当という字でも表記されます〕地区(常呂町字栄浦)で海とつながっていました。サロマ湖は細長い砂州で海と区切られていますが、昔は鐺沸付近に砂州の切れ目があり、海への出口となっていたのです。「鐺沸」という地名も「湖の口」を意味するアイヌ語地名「トー・プッ」に由来します。

 現在の人工湖口(第二湖口)は海流で砂がたまってしまうため、繰り返し掘って維持されています。昔の湖口も同じように、冬に埋まって水が流れ出なくなるため、放っておくとサロマ湖の周囲に水があふれてしまったそうです。このため、かつてこの付近に住んでいたアイヌの人々は、毎年春先に湖口を掘り起こして水が流れるようにしていたという話が伝わっています。

 人工湖口ができると水の流れが変わってしまったため、本来の湖口はすっかりふさがってしまいました。湖口のあった場所は今では高さ数メートルの砂州になっており、かつての面影はありません。旧湖口の場所を示す石碑と鐺沸という地名だけがその名残となっています。(2020年4月)

「旧サロマ湖口」の石碑
「旧サロマ湖口」の石碑。鐺沸の集落から湖をはさんで対岸の砂州に立てられています。

常呂の遺跡についての読み物

 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、ところ遺跡の森の施設も5月6日まで臨時休館することとなりました。そこで今回は常呂の遺跡について書かれた本を少し紹介してみたいと思います。

 考古学は昔のことを調べる学問の1つです。「昔のこと」を書いているのだから古い本でも内容は変わらない、という誤解をされることが時々あります。しかし、新しい研究法や発掘調査で新発見が積み重ねられていますので、さしあたって読むのにお薦めできるのは新しい研究成果が反映された本です。

 常呂の遺跡に関して書かれた最新の本としては2019年刊行された『新北見市史 上巻』があります。常呂だけでなく北見市全体を扱った内容ですが、縄文時代からアイヌ文化にかけては常呂の遺跡が大きく扱われています。

 また、少し古い本ですが、東京大学総合研究博物館特別展図録『北の異界―古代オホーツクと氷民文化』(2002年)は、常呂で発見されたオホーツク文化の遺跡を中心に扱った本です。専門的な部分もありますが、写真も多いので見て楽しめます。図書館でも借りられますが、東京大学総合研究博物館のウェブサイトで読むこともできます。

 本ではありませんが、この「ところ遺跡の森」のウェブサイトでも随時記事を更新していく予定ですので、機会がありましたらご覧ください。(2020年5月)

『新北見市史 上巻』と『北の異界―古代オホーツクと氷民文化』

『新北見市史 上巻』(左)と『北の異界―古代オホーツクと氷民文化』。『新北見市史』にはCD-ROM版もあります。

ワッカ遺跡とワッカの水

 常呂の遺跡の特徴の一つは、現在でも竪穴住居跡が地表に数多く残っていることにあります。そのうち、史跡「常呂遺跡」や、現在東京大学が調査中の大島2遺跡はこれまでもご紹介してきましたが、今回は「ワッカ遺跡」についてとり上げたいと思います。

 ワッカ遺跡はサロマ湖の砂州上で見つかっている唯一の遺跡です。遺跡は「ワッカの水」の西側にある林の中に広がっています。1967年、東京大学によって調査が行われ、78基の竪穴住居跡の存在が確認されました。史跡「常呂遺跡」などと比べると小規模ですが、砂州の中にあるという立地は特徴的です。ワッカはサロマ湖の砂州の中ではただ1個所、飲み水に適した水が得られるため、この場所に集落がつくられたようです。

 ワッカ遺跡の竪穴住居跡は、現在でも地表から分かる状態で残されています。しかしここ数年、付近でクマの目撃情報があることから、残念ながら遺跡のある林の中は立ち入りが禁止されています。現在行くことができるのは「ワッカの水」までです。

 ワッカ原生花園を訪れたら、古代人ものどをうるおしたであろうワッカの水まで、ぜひ足を延ばしてみてください。(2020年9月)

ワッカの水
ワッカの水

 常呂の遺跡のページ内にワッカ遺跡の紹介ページを追加しました。合わせてご覧ください。

「ところ遺跡の森」の関連ページ

お問い合わせ
北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森
郵便番号:093-0216
住所:北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538
よくある質問のページへ

教育・文化

教育委員会

スポーツ

青少年

生涯学習

学校教育

文化施設

姉妹友好都市・国際交流

歴史・風土

講座・催し

図書館