鹿ノ子ダム

鹿ノ子ダムは、北海道開発局により昭和43年度に予備調査が開始され、昭和50年度に着工、昭和58年度に完成した多目的ダムです。北見市は、ダム建設に1,530,000千円を負担金として拠出し、水道用水としての水利権を確保しています。

””
鹿ノ子ダム
””
鹿ノ子ダム(置戸湖)

鹿ノ子ダムの目的

1.洪水の調整
2.流水の正常な機能の維持
3.かんがい用水の補給
4.上水道用水の確保

鹿ノ子ダムデータ

形式:重力式コンクリートダム
堤高:55.5メートル
堤頂長:222.0メートル
堤体積:204,000立方メートル
有効貯水量:3,850万立方メートル 

お問い合わせ
上下水道局浄水場
水質係
電話:0157-38-2354
E-Mail:ki.josui@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

行政・まちづくり

まちづくり協議会

連携協定・連携事業

行政評価

行財政改革

財政

統計

条例・規則

人事・採用

入札・契約

工事検査

計画

施設

市議会

道路・河川

市町村合併

情報公開

申請・届出

監査

ご意見募集(パブリックコメント)

広聴

地域交通

広告事業