常呂終末処理場

常呂終末処理場について

常呂終末処理場

 常呂処理区は、恵まれた自然環境の保全と公衆衛生の向上を目指し、特定環境保全公共下水道として1991(平成3)年に着手し、1995(平成7)年より供用を開始しました。
 下水排除方式は汚水と雨水を分けて集水する分流式で、下水の処理は常呂終末処理場にて行っています。
 常呂終末処理場では1日平均約600立方メートルの下水を処理し、常呂川に放流しています。

常呂下水処理方式

•常呂終末処理場での下水処理方式について
 常呂終末処理場では、回分式活性汚泥法により下水を処理しています。
 回分式活性汚泥法は、ひとつの槽(回分槽)の中で「下水の流入」、「ばっ気」、「活性汚泥(好気性(生育に酸素を必要とする)微生物を多量に含んだ泥)の沈殿」、「処理水の排水」の4つの工程を繰り返す方法です。
 この方法は、ばっ気槽(反応タンク)が沈殿槽を兼ねているとともに、装置が簡単であるために維持管理が容易であり、小規模の下水処理施設に向いています。

(1)大量の活性汚泥が入っている回分槽に下水を流入させる。
(2)ばっ気を行い、活性汚泥に汚れの成分を分解させる。
(3)ばっ気を止めて静置し、活性汚泥を沈殿させる。
(4)上澄水として得られた処理水を排出する。
 処理水にはまだ大腸菌やその他の細菌類を含んでいるため、トリクロロイソシアヌル酸という塩素系の薬剤で消毒します。

回分槽
回分槽
脱水機
脱水機
中央監視室
中央監視室
水質試験室
水質試験室

放流水質

お問い合わせ
常呂上下水道課
電話:0152-54-2116
ファクシミリ:0152-54-3887
メール:to.kensetsu@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

行政・まちづくり

まちづくり協議会

市町村合併

行政評価

行財政改革

財政

条例・規則

人事・採用

計画

連携協定・連携事業

統計

施設

入札・契約

工事検査

市議会

情報公開

申請・届出

監査

ご意見募集(パブリックコメント)

広聴

道路・河川

地域交通

広告事業

地域力の創造