常呂終末処理場

常呂自治区

常呂自治区は森と海と湖の大自然に抱かれ、先史時代から人間が住み、様々な文化の交流が今に受け継がれている歴史のあるまちで、農業・漁業の基幹産業に支えられて発展しています。
また、日本初のカーリング専用ホールが建てられたまちで、多くのオリンピック選手を輩出しています。

常呂終末処理場について

常呂終末処理場

常呂処理区は、恵まれた自然環境の保全と公衆衛生の向上を目指し、特定環境保全公共下水道として1991(平成3)年に着手し、1995(平成7)年より供用を開始しました。
下水排除方式は汚水と雨水を分けて集水する分流式で、下水の処理は常呂終末処理場にて行っています。
常呂終末処理場では1日平均約600立方メートルの下水を処理し、常呂川に放流しています。

常呂下水処理方式

•常呂終末処理場での下水処理方式について

常呂終末処理場では、回分式活性汚泥法により下水を処理しています。
回分式活性汚泥法は、ひとつの槽(回分槽)の中で「下水の流入」、「ばっ気」、「活性汚泥(好気性(生育に酸素を必要とする)微生物を多量に含んだ泥)の沈殿」、「処理水の排水」の4つの工程を繰り返す方法です。
この方法は、ばっ気槽(反応タンク)が沈殿槽を兼ねているとともに、装置が簡単であるために維持管理が容易であり、小規模の下水処理施設に向いています。

(1)大量の活性汚泥が入っている回分槽に下水を流入させる。
(2)ばっ気を行い、活性汚泥に汚れの成分を分解させる。
(3)ばっ気を止めて静置し、活性汚泥を沈殿させる。
(4)上澄水として得られた処理水を排出する。

回分槽
回分槽
脱水機
脱水機
中央監視室
中央監視室
水質試験室
水質試験室

処理水量

・処理水量の経年推移

常呂年間処理水量
常呂年間処理水量グラフ

・2019(令和元)年度処理水量

常呂月間処理水量
常呂月間処理水量グラフ

放流水質

•2019(令和元)年度放流水質分析結果
放流水の水質基準は遵守されています。

常呂水質試験結果
※基準は下水道法第8条及び下水道法施行令第6条第1項に規定する放流水の水質の技術上の基準より。
常呂重金属等試験結果
※許容限度は排水基準を定める省令の別表第一(第一条関係)、第二(第一条関係)に掲げるもの。
お問い合わせ
常呂上下水道課
電話:0152-54-2116
ファクシミリ:0152-54-3887
E-Mail:to.kensetsu@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

行政・まちづくり

まちづくり協議会

市町村合併

行政評価

行財政改革

財政

条例・規則

人事・採用

計画

連携協定・連携事業

統計

施設

入札・契約

工事検査

市議会

情報公開

申請・届出

監査

ご意見募集(パブリックコメント)

広聴

道路・河川

地域交通

広告事業