ところ遺跡の森:施設案内

 「ところ遺跡の森」は国指定史跡「常呂遺跡」のうち、サロマ湖に面した台地上の区域(総面積120,822平方メートル)を見学用に整備したものです。遺跡に隣接して考古学の展示施設・研究施設が併設されています。

展示施設・研究施設

 見学できる施設として「ところ遺跡の館」「ところ埋蔵文化財センター」「東京大学常呂資料陳列館」があります。くわしくはリンク先をご覧ください。

ところ遺跡の館 ところ遺跡の森の入口にある中心的な展示施設です。
ところ遺跡の館
ところ埋蔵文化財センター 資料の収蔵や体験学習を行っている施設です。
ところ埋蔵文化財センター
東京大学文学部常呂資料陳列館 東京大学常呂実習施設が運営する展示施設です。
東京大学文学部常呂資料陳列館

遺跡

 カシワやナラを主体とした落葉樹の森の中に縄文時代・続縄文時代・擦文時代の集落遺跡が広がっており、遊歩道で散策することができます。森の中では季節ごとに数々の野鳥や野草などが見られ、自然観察の場としてもご利用いただけます。

擦文の村 擦文時代の集落遺跡です。
擦文の村
続縄文の村・縄文の村 縄文~続縄文時代の集落遺跡です。
続縄文の村・縄文の村

その他

駐車場 道道側と奥に2か所ご用意しています。
駐車場

「ところ遺跡の森」の関連ページ

お問い合わせ
北見市教育委員会社会教育部
ところ遺跡の森
郵便番号:093-0216
住所:北海道北見市常呂町字栄浦371番地
電話:0152-54-3393
FAX:0152-54-3538
よくある質問のページへ

行政・まちづくり

まちづくり協議会

市町村合併

行政評価

行財政改革

財政

条例・規則

人事・採用

計画

連携協定・連携事業

統計

施設

入札・契約

工事検査

市議会

情報公開

申請・届出

監査

ご意見募集(パブリックコメント)

広聴

道路・河川

地域交通

広告事業