正しい手の洗い方(第63回水道週間)

正しい手の洗い方について

外で遊んで帰ってきたときに
外で遊んで帰ってきたときに
トイレを済ませた後に
トイレを済ませた後に
料理をする前に
料理をする前に

みなさんはしっかりと手を洗っていますか?
正しい方法でしっかりと洗わないと、ウイルスや細菌などは落ちません。
ここでは正しい手の洗い方を紹介します。

まず、手を洗う前の注意点
・爪は短く切っておきましょう
・時計や指輪は外しておきましょう

正しい手の洗い方

流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ手のひらをよくこすります。
1.流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ手のひらをよくこすります。
手の甲を伸ばすようにして甲もよくこすります。
2.手の甲を伸ばすようにして甲もよくこすります。
指先・爪の間などは石けんのついた手のひらで念入りにこすります。
3.指先・爪の間などは石けんのついた手のひらで念入りにこすります。
手のひらや甲だけでなく、指の間も洗います。
4.手のひらや甲だけでなく、指の間も洗います。
親指と手のひらをねじりながら洗います。
5.親指と手のひらをねじりながら洗います。
手首も忘れずにしっかり洗います。
6.手首も忘れずにしっかり洗います。

(1~6までの手順を30秒程度かけて丁寧に行いましょう)

ここまでしっかり洗えば大丈夫! と思っていませんか?
実は石けんでしっかりと洗っても、その後の”すすぎ”がおろそかでは正しく洗えたとは言えません。

最後のすすぎは15秒以上すすぎましょう。
7.最後のすすぎは15秒以上すすぎましょう。
風邪やインフルエンザを予防するためにも、正しい手の洗い方を覚えて実践してみてください。
風邪やインフルエンザを予防するためにも、正しい手の洗い方を覚えて実践してみてください。
お問い合わせ
上下水道局総務課
電話:0157-25-1177
ファクシミリ:0157-31-3591
E-Mail:ki.somu@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー