マイナンバーカードが健康保険証として利用できます

マイナンバーカードが健康保険証として利用できます

オンライン資格確認の本格運用が開始され、マイナンバーカードの健康保険証利用ができるようになりました。
マイナンバーカードなら、保険者への届出を行えば、就職や転職、引越しをしても、健康保険証の切換えを待たずに、受診することができます。

※従来どおり健康保険証でも受診できます。
""

全ての医療機関や薬局において顔認証付きカードリーダーが導入されているわけではありません。
マイナンバーカードの健康保険証利用に対応できる医療機関・薬局には、ポスターやステッカーが貼ってあります。

また、厚生労働省のホームページでも対応する医療機関・薬局を確認することができます。

※マイナンバー(12桁の数字)は使いません

マイナンバーカードの健康保険証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。医療機関・薬局の受付窓口でマイナンバーを取り扱うことはなく、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけられることもありません。

※ICチップには、受診歴や薬剤情報などの個人情報は記録されません。

利用には事前登録が必要です

マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、マイナポータルで事前に登録が必要です。
マイナポータルには、パソコンやマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンからもログインすることができるほか、マイナポータル専用端末を北見市役所本庁舎1階、総合支所、支所・出張所に設置していますので、ぜひご利用ください。

利用申込方法

""
  1. マイナポータルAPを起動(またはブラウザで「マイナポータル」と検索し、マイナポータルへアクセスする。)
  2. 「健康保険証利用申込」をタップ(押す)し、利用規約等を確認して、同意する。
  3. マイナンバーカードをスマートフォン(パソコンの方はICカードリーダー)にぴったりと当てて、読み取り開始ボタンを押し、数字4桁の暗証番号を入力する。

事前登録方法について、詳細は下記をご覧ください。

医療機関・薬局の窓口への書類持参が不要に

オンラインによる医療保険資格の確認により、次の書類の持参が不要になります。

  • 被保険者証/被保険者証兼高齢受給者証
  • 被保険者資格証明書
  • 限度額適用認定証/限度額適用・標準負担額減額認定証
  • 特定疾病療養受療証(※)

限度額適用認定証/限度額適用・標準負担額減額認定証は、従来は事前に保険者に申請する必要がありましたが、オンライン資格確認が導入された医療機関・薬局では、原則として認定証の交付を受けることなく限度額が適用されます。
なお、子ども、ひとり親家庭等、重度心身障がい者の医療費助成等については受給者証の持参が必要です。

※特定疾病療養受療証については、事前に保険者に申請し、認定を受ける必要があり、オンライン資格確認が導入された医療機関・薬局でマイナンバーカードを提示する場合のみ、持参が不要となります。

今後マイナポータルで利用できるようになる機能

特定健診情報、薬剤情報、医療費通知情報が順次マイナポータルで閲覧できるようになります。
また、2021年分確定申告時には、医療費控除の手続きでマイナポータルを通じて、令和3年9月診療分以降の医療費通知情報の自動入力が可能になります。

マイナンバーカードの健康保険証利用について、詳しくは下記をご覧ください。

健康保険証利用以外のマイナンバーカード取得のメリット

マイナンバーカードは、健康保険証として利用できるほか、「身分証明書として利用できる」「全国のコンビニのマルチコピー機から住民票や印鑑登録証明書等の書類が取得できる」「確定申告などの各種行政手続きがオンラインでできる」などの様々なメリットがあり、将来的にもメリットは増えていく予定です。

マイナンバーカードの申請は、スマートフォンや郵送で行うことができますが、交付申請書が必要となります。申請書をお持ちでない方は戸籍住民課(0157-25-1122)までご連絡ください。申請方法については、下記をご覧ください。

お問い合わせ
国保医療課国保料係
電話:0157-25-1130
メール:kokuho@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー