ゼロカーボンシティ宣言について

 近年、気候変動による地球規模での異常気象や自然災害が深刻化し、二酸化炭素などの温室効果ガス排出量と吸収量の均衡を図ることが人類共通の喫緊の課題となっています。
 わが国では、(2020年)令和2年10月の臨時国会における所信表明演説で「2050年(令和32年)までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会を実現すること」を宣言しました。
 こうした状況を踏まえ、2022年(令和4年)2月15日の北見市議会第1回定例会において、辻直孝市長は市政執行方針の中で2050年カーボンニュートラルの実現に向け、2050年に二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。
 北見市では恵まれた自然環境を後世に引き継ぐため、市民や事業者の皆様と共に連携を図りながら、市域全体で地球温暖化対策の取組を推進してまいります。

環境大臣からのメッセージ

本市のゼロカーボンシティ表明について、山口環境大臣からメッセージを頂きました。

お問い合わせ
市民環境部 環境課 環境計画係
電話:0154-25-1131
ファクシミリ:0157-25-1215
E-mail:kankyo@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー