留辺蘂町下水道管理センター

留辺蘂自治区


留辺蘂自治区は、西・南・北を山脈に囲まれ、細長く開けた地区です。
全国随一のスケールを誇るエゾムラサキツツジ群落や、道の駅「おんねゆ温泉」の世界一のハト時計・全国でも珍しい淡水魚の水族館などの観光スポットを有し、多くの観光客が訪れています。

留辺蘂町下水道管理センターについて

留辺蘂町下水道管理センター

留辺蘂処理区は、公共下水道として1979(昭和54)年に着手し、1989(平成元)年に供用を開始しました。
下水排除方式は汚水と雨水を分けて集水する分流式で、下水の処理は留辺蘂町下水道管理センターにおいてオキシデーションディッチ法により行っています。
留辺蘂町下水道管理センターでは1日平均約2,200立方メートルの下水を処理し、無加川に放流しています。

オキシデーションでぃっち

•オキシデーションディッチ
流入した下水中に含まれている大きなゴミや土砂類を沈砂池で取り除いた後、オキシデーションディッチと呼ばれる長円形の水路へ送り、活性汚泥(好気性(生育に酸素を必要とする)微生物を多量に含んだ泥)と混合し、ばっ気する(空気を送り込む)と微生物は水に溶けた酸素で呼吸し、下水中の有機物を吸収分解しながら増殖し沈みやすくなります。

最終沈殿池

•最終沈殿池
オキシデーションディッチで微生物処理された下水をゆっくり流すと、微生物を多量に含んだ活性汚泥は沈み、上澄水はきれいになります。沈殿した活性汚泥は再びオキシデーションディッチに戻し、余った活性汚泥(余剰汚泥)は濃縮タンクへ送ります。
最終沈殿池で処理された水は、まだ大腸菌やその他の細菌類を含んでいるため、次亜塩素酸カルシウムという塩素系の薬剤で消毒します。

脱水機

•脱水機
濃縮タンクで濃縮された余剰汚泥は、汚泥貯留槽に一時貯留した後、遠心脱水機により水分を減らし固形状にして、場外へ搬出します。

中央監視室
中央監視室
水質試験室
水質試験室

処理水量

・処理水量の経年変化

留辺蘂年間処理水量
留辺蘂年間処理水量グラフ

・2019(令和元)年度処理水量

留辺蘂月間処理水量
留辺蘂月間処理水量グラフ

放流水質

•2019(令和元)年度放流水質分析結果
放流水の水質基準は遵守されています。

留辺蘂水質分析結果
※基準は下水道法第8条及び下水道法施行令第6条第1項に規定する放流水の水質の技術上の基準より。
留辺蘂重金属分析結果
※許容限度は排水基準を定める省令の別表第一(第一条関係)、第二(第一条関係)に掲げるもの。
お問い合わせ
留辺蘂上下水道課
電話:0157-42-2482
ファクシミリ:0157-42-2500
E-Mail:ru.kensetsu@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー