広郷浄水場における濁り水への対応

広郷浄水場では、常呂川に濁り水が発生して取水ができなくなった場合でも、安全で安心な水を供給するために、滞水池および配水池を整備し、平成21年6月より供用を開始しました。

施設規模

滞水池  プレストレストコンクリート造(PC造)
 内径44.0m×有効水深9.6m
 有効容積28,000立法メートル(14,000立法メートル×2池)
 
配水池  鉄筋コンクリート造(RC造)
 幅27.5m×長さ33.4m×有効水深3.5m
 有効容積 5,870立法メートル(2,935立法メートル×2池)

””
滞水池・配水池の全景
””
滞水池内部
””
導水ポンプ
””
非常用発電設備
””
受変電・計装設備

広郷浄水場では、降雨情報や河川パトロールにより河川状況を監視し、濁り水が発生した場合は安定した浄水処理を行なうため取水を停止します。取水停止の時には取水口に設置した濁度計により濁り水を感知し、流入バルブで浄水場への原水流入を制御しています。

””

取水停止後は滞水池と配水池の水を使い、水道水の供給を継続しています。
滞水池・配水池と市内の配水池を合わせると、長時間の取水停止が続いた場合でも約30時間の給水が可能です。
(注)給水可能な時間は、季節や時間など水の利用状況によって変動します。

浄水処理の流れ

””
お問い合わせ
上下水道局浄水場
管理係
電話:0157-38-2354
E-Mail:ki.josui@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー