北見きたみ市民しみん憲章けんしょう

北見きたみ市民しみん憲章けんしょう

前文ぜんぶん
 わたくしたちは、澄みきっすみきっ青いあおいそらのもと、大雪おおゆき連峰れんぽうオホーツクおほーつくかい
いだかいだかたみのりの大地だいちに、幸せしあわせ求めもとめ生きるいきる北見きたみ市民しみんです。
 わたくしたちは、風雪ふうせつ耐えたえきびしいだい自然しぜん切りきりひらいひらいた、先人せんじんのた
くましいしい開拓かいたく精神せいしん文化ぶんか受けうけつぎ、より美しくうつくしく豊かゆたか未来みらいをきずくため
に、この憲章けんしょう定めさだめます。

本文ほんぶん

  • 自然しぜん愛しあいし清潔せいけつ美しいうつくしいまちにましょましょう。
  • 元気げんき働きはたらき明るくあかるく豊かゆたかまちにましょましょう。
  • きまりを守りまもり互いにたがいに助けたすけあうまちにましょましょう。
  • 教養きょうよう高めたかめスポーツすぽーつ文化ぶんか育むはぐくむまちにましょましょう。
  • ゆめもちもち、みんながきらめく平和へいわまちにましょましょう。

平成へいせい19ねん3月さんがつにち制定せいてい

北見きたみ市民しみん憲章けんしょう趣旨しゅし解説かいせつ

前文ぜんぶん
 合併がっぺいきゅう北見きたみきゅう端野たんのまちきゅう常呂ところまちきゅう留辺蘂るべしべまちの13まちでは、それぞれ町民ちょうみん憲章けんしょう昭和しょうわ40年代ねんだい制定せいていおりおり住民じゅうみん行動こうどう目標もくひょうある憲章けんしょう精神せいしん基づきもとづきかく地域ちいきにおいて、まちづくりや行事ぎょうじイベントいべんとなどが行わおこなわましました。
 これらの経緯けいい踏まえふまえ新しいあたらしい市民しみん憲章けんしょうではかく地域ちいきがまちづくりのいしずえ(いしいしえ)として憲章けんしょう精神せいしん受け継がうけつがおりおり合併がっぺいには道内どうない最大さいだい面積めんせき誇るほこることとなっなっしんを、この前文ぜんぶん簡潔かんけつ紹介しょうかいできる内容ないようなっなっます。
 だい1の文章ぶんしょうでは、「澄みきっすみきっ青いあおいそら」はきゅう北見きたみ、「大雪おおゆき連峰れんぽう」はきゅう留辺蘂るべしべまち、「オホーツクおほーつくかい」はきゅう常呂ところまち、「みのりの大地だいち」はきゅう端野たんのまちと、かく地域ちいき特色とくしょく表現ひょうげん言葉ことばちりばめちりばめられられおりおり新市しんいち自然しぜん環境かんきょう地理ちりてき位置いち分かるわかるようになっなっます。
 だい2の文章ぶんしょうでは、今日きょうわたしたちがこの生活せいかつできるのは、先住民せんじゅうみんぞくをはじめ、屯田とんでんへい開拓かいたく移民いみんなどの先人せんじんが、厳しいきびしい気候きこう耐えたえ荒野あらの原野げんやなどのだい自然しぜん切り開いきりひらいたからありあり、このことに対してにたいして感謝かんしゃ、その開拓かいたくあたっあたっ根性こんじょう情熱じょうねつたましいなどのチャレンジちゃれんじ精神せいしんとこれまで代々だいだい受け継がうけつが生活せいかつ文化ぶんかスポーツすぽーつ文化ぶんか芸術げいじゅつ文化ぶんか学術がくじゅつ文化ぶんか伝統でんとう誇りほこり郷土きょうどあい、そして、先人せんじん苦労くろうなども含めふくめ遺産いさん歴史れきしとう様々さまざま文化ぶんかつぎ世代せだい受け継ぎうけつぎ現在げんざいのそして未来みらい北見きたみとそこに住むすむ市民しみん優しやさしさや思いやりおもいやりきょう働、人間にんげんあいによってより美しくうつくしく、そして、精神せいしんてき肉体にくたいてき健康けんこう経済けいざいてきにも豊かゆたかになるようにわたしたち市民しみんは、まちづくりの行動こうどう目標もくひょうとなるこの市民しみん憲章けんしょう定めさだめて、各自かくじ行動こうどういきいきましょましょうと呼びかけよびかけます。

本文ほんぶん
 本文ほんぶんについては、自然しぜん勤労きんろう自治じち敬愛けいあい文化ぶんかの5つの内容ないよう盛り込まもりこまた4つの条文じょうぶんと、13まち合併がっぺい関係かんけいする意向いこう盛り込まもりこま最後さいご条文じょうぶんとで構成こうせいます。
 だい1じょうには自然しぜんだい2じょうには勤労きんろうだい3じょうには自治じち敬愛けいあいだい4じょうには文化ぶんかに対してにたいして行動こうどう目標もくひょう掲げかかげ最後さいごだい5じょうには、オホーツクおほーつくけん北見きたみ地域ちいき合併がっぺい協議きょうぎかい作成さくせいた「新市しんいちまちづくり計画けいかく」で採用さいようフレーズふれーず「ひと・まち・自然しぜんきらめくオホーツクおほーつく中核ちゅうかく都市とし」からの引用いんようで、「きらめく」
という言葉ことば盛り込んもりこんます。
 この条文じょうぶんにある「みんな」とは「ひと、まちまち自然しぜん、4自治じち」を指しさします。それぞれの個性こせい尊重そんちょうながら一体いったいかん持ちもち、みんながそれぞれに「きらめく」ことができるよう平和へいわまちにたい、そのためにはゆめをもつことが大切たいせつですと呼びかけよびかけます。
 「平和へいわ」という言葉ことばには、安全あんぜん安心あんしん調和ちょうわ自由じゆう平等びょうどう博愛はくあいなどの願いねがい込めこめられられおりおり、「平和へいわまちにましょましょう」と、しんにおける市民しみん憲章けんしょうのまとめとなる条文じょうぶんとしてしめくくっしめくくっます。

問い合わせといあわせ
市民しみん活動かつどう市民しみん活動かつどうがかり
電話でんわ:0157-25-1105
ファクシミリふぁくしみり:0157-25-1016
E-Mail:shiminkatsudo@city.kitami.lg.jp
よくある質問のページへ

くらし

戸籍こせき住民じゅうみんひょう印鑑いんかん登録とうろく

ぜい

年金ねんきん

国保こくほ後期こうき高齢こうれいしゃ医療いりょう

水道すいどう下水道げすいどう

環境かんきょう

動物どうぶつ

ゴミごみリサイクルりさいくる

公営こうえい住宅じゅうたく

子育てこそだて

消費しょうひ生活せいかつ

男女だんじょ共同きょうどう参画さんかく

交通こうつう安全あんぜん

市民しみん活動かつどう市民しみんきょう

霊園れいえん墓地ぼち

選挙せんきょ

公園こうえん

広報こうほう

マイまいナンバーなんばー