きたみワーク・ライフ・バランス認定事業所の紹介(第2期 第18号 北見赤十字病院)

北見赤十字病院 第3ステージ(☆☆☆)第2期第18号

北見赤十字病院外観写真1
北見赤十字病院職場写真2

・認定番号18:第3ステージ(☆☆☆)
・代表者名:院長 荒川 穰二
・事業所所在地:北見市北6条東2丁目1番地
・業種:医療業
・事業内容:総合病院
・従業員数:1,145人

・主な取組:育児・介護における就業規則の整備はもちろん、更衣室にシャワー室やマッサージ・チェアを配備し、勤務の疲れを癒すことができます。温泉宿やホテルなどを利用した際の保養所助成制度やスポーツ・レジャーに対する費用助成制度もあり、ワーク・ライフ・バランスにおける福利厚生が充実しています。女性活躍推進として、女性も管理職に登用されているとともに、病院長はスタッフの声に耳を傾け、「子供を産み、育てながら」継続的にキャリアを積んでいける等、多様性ある職域環境の整備に努力する「日本赤十字社病院長連盟イクボス宣言」を宣言しております。医療を提供する私たち医療従事者が心身とも健やかに過ごし、職員も成長できる病院づくりを目指していきます。

・企業紹介:当院は、昭和10年11月日本赤十字社北海道野付牛療院として開設し、昭和18年1月に現在の北見赤十字病院に改称して、創立82年を迎えました。広大な北海道のオホーツク第三医療圏を担う中核病院として、「救命救急センター」、「総合周産期母子医療センター(道指定)」、「地域災害医療センター」等高度専門医療や救命救急医療を提供しています。そのため職員一人一人の職能力向上を図るため、様々な講習会や教育研修を多く持つよう努めています。 他、「地域医療支援病院」として、地域の医療機関との連携強化と、地域の医療従事者を対象に職能力の向上を図るため、様々な研修会を開催してオホーツク地域の医療の向上に努めております。また、市民の皆さまには、「がん」「認知症」「動脈硬化疾患」などの病気を対象とした市民公開講座をとおして、様々な最新医療の情報を提供しております。 1階アトリウムには、院内で作っている焼きたてのパンと美味しいコーヒーが召し上がれるカフェがあり、購入したパンを隣の福祉ショップ「クプクプ」にお持ちいただけますと、ソフトクリームを挟むこともできます。両店とも大変好評をいただいております。是非、お気軽にお立ち寄りください。

・電話:0157-24-3115/FAX:0157-22-3339
・一般事業主行動計画の策定:あり

お問い合わせ
市民生活課 男女共同参画係
電話:0157-25-1149
よくある質問のページへ

くらし

戸籍・住民票・印鑑登録

年金

国保・後期高齢者医療

水道・下水道

環境

動物

ゴミ・リサイクル

公営住宅

子育て

消費生活

男女共同参画

交通安全

市民活動・市民協働

霊園・墓地

選挙

公園

広報

マイナンバー